VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#356 『Hold Baroque Inside』(岩田匡治/BAROQUE/SS)

www.youtube.com

スティングがおくる3DアクションRPG・BAROQUEより、

岩田匡治作曲、『Hold Baroque Inside』。スタッフロールの曲。

大熱波による天変地異で何もかもが歪んでしまった陰鬱な世界で、神経塔に向かうよう命じられた記憶喪失の主人公が、自らの内に残る罪の感覚を頼りに探索を進めていく本作。絶望的に暗い、終末的な作風が特徴で、死ぬことを前提としたバランス調整は、一人称視点のハクスラローグライクRPGとして非常に歯応えのある仕上がりとなっている。後にPSに移植された他、PS2Wii向けにリメイクされ、キャラクターボイスやムービーの追加、それに三人称視点への切り替えが可能になるなど、多くの変更が加えられた。

本作の音楽を担当するのは岩田匡治氏。当時フリーの作曲家で、スティング制作の作品に関しては本作以前にトレジャーハンターGで複数人と一緒に作曲を務めた経験がある。本作では全曲を単独で作曲していて、いずれの楽曲も基本的に得体のしれない環境音や機械音で構成されている。作中で絶えず漂い続ける淀んだ空気感を体現した独特なサウンドは、本作のアンニュイな世界観を形成するのに一役も二役も買っている。

すべてが終わった暁にようやく見られるスタッフロールで流れるこの曲は、今まで聴いてきたものとは一線を画するメロディアスな一曲である。ピアノを主軸に据えた、静かに佇むような繊細な音使いは、怪しげなノイズとともに奇妙に耽美的な雰囲気を醸し出している。伴奏にストリングスの緊張感あふれるフレーズの繰り返しが加えられると、ますます得も言われぬ退廃感が増していき、天に召されるような流麗な旋律は、数多の死を乗り越えてここまで辿り着いたという達成感をいっそう強めてくれる。不気味さのなかに確かな美しさが息づいている、そんな一曲である。

岩田さんは(ベイシスケイプの中心メンバーだったということもあり)名前はよく記事のなかで挙げていたと思うんですが、実際に彼の作曲したものは紹介できていませんでしたね。この曲は特に好きな一曲です。