VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#358 『アメニュウドウ戦』(朝日温子・早崎あすか・若井淑/ピクミン3/WiiU)

www.youtube.com

任天堂がおくる惑星探索AIアクション・ピクミンより、

朝日温子・早崎あすか・若井淑作曲、3の『アメニュウドウ戦』(仮称)。

アメニュウドウ戦の曲。

不思議な生きものピクミンを随えて未知の星を探検するピクミンシリーズ。ナンバリング3作目にあたる本作は、食糧難に陥った母星を救うべく派遣された三人の調査隊員を主人公に、まだ見ぬ果実を求めて働き者のピクミンたちと協力することになる。9年ぶりの新作にふさわしく、新しい主人公、新しいピクミン、新しい原生生物など、多数の新要素が追加されている。一前作のゲームキューブから大幅にパワーアップしたグラフィックは、ピクミンシリーズの独特な世界観を隅々まで描写してくれる。

本作の音楽を担当するのは朝日温子氏、早崎あすか氏、若井淑氏の三名。いずれも任天堂所属の作曲家で、このうち若井氏は前作、前々作に引き続き作曲に参加している。朝日氏と早崎(旧姓は太田)氏に関しては、それまで若井氏が単独で作曲をおこなってきたことから、本作がシリーズ初参戦となっている。1、2で培われた環境音楽風のサウンドを踏襲しつつ、天候や時間帯によってインタラクティブにBGMが切り替わるという工夫が凝らされている。サウンドトラックは現時点で未発売のため、曲名は便宜上の仮称とする。

アメニュウドウ、哀しき獣という名でも知られる、全身が金色に覆われたこの巨大な原生生物は、前作の主人公オリマーを軟禁し、執拗に追い回してくる危険極まりない強敵こと本作のラスボスである。オリマーを取り戻すべく対峙するその最終決戦にて流れるのがこの曲であり、アメニュウドウの姿や名前が、2におけるトラウマ級の敵・アメボウズに酷似していることから、プレイヤーの恐怖をじりじりと煽ってくれる。イントロからすでに切迫感に満ちていて、そこからさらに緊張感たっぷりに奏でられる旋律は、途中1分22秒あたりからくねくねと蛇行するような不協和音を挿入することで、勇ましくも穏やかならざる雰囲気を漂わせる。最後まで謎の多いアメニュウドウの生態を如実に表した一曲である。

アメニュウドウの英語名はPlasm Wraith、アメボウズはWaterwraithだそうですが、どちらもwraith(「生霊、亡霊」)なんですね。いい意味で気味が悪くて好きです。