VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#367 『宿命~炎』(近藤嶺/ファイアーエムブレム 覚醒/3DS)

www.youtube.com

インテリジェントシステムズがおくるロールプレイングシミュレーション・FEより、

近藤嶺作曲、覚醒の『宿命~炎』。

14章など、いくつかの戦闘場面において自軍攻撃時に流れます。

個性豊かな仲間を率いて戦局を切り拓いていくファイアーエムブレムシリーズ。シリーズ13作目にあたる本作は、暁の女神以来5年ぶりの完全新作として3DS向けに発売された。キャラクターデザインの一新やCVの追加など、キャラクター重視の路線を大々的に打ち出したことにより、従来のFEらしさにメスを入れた意欲作である。支援会話の豊富さも特徴的で、キャラを隣接させることで発生するデュアルやダブルといった新システムや、結婚要素の充実ぶりなど、シリーズの新たな路線を大きく印象づけた仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは近藤嶺氏、辻横由佳氏、森下弘生氏の三名。辻横氏はおなじみFEシリーズすべてに関わっている作曲家だが、本作ではサウンドスーパーバイザーとしてわずか数曲のみの作曲に留まっている。森下氏はインテリジェントシステムズ所属の作曲家で、前作の新・紋章の謎に引き続きメインコンポーザーを務めている。近藤氏はT's MUSIC所属の作曲家で、本作がシリーズ初参加である。本作の楽曲は、「超集大成」という謳い文句に恥じぬ力作揃いで、戦闘時はユニット移動の際と攻撃の際にシームレスで曲が切り替わる仕様となっている。サウンドトラックは全曲収録されたものに加え、厳選したセレクションアルバムがクラブニンテンドーの景品として配布されている(クラブニンテンドーはサービス終了済み)。

ヴァルム軍との衝突など、いくつかの局面で流れる『宿命』。その戦闘アレンジが、曲名の後ろに「炎」を冠したこの曲、『宿命~炎』である。この曲は、『宿命』のリッチなオーケストラサウンドをさらに重厚に、さらに深みを増すような壮大な曲調に仕上げ、勇ましさのなかに切迫感や悲愴感をたっぷり詰め込んでいる。原曲にはないピアノやシンバルを加えてより猛々しく、運命に敢然と立ち向かう心意気を表現していて、絶望の未来を阻止すべく心血を注ぐさまをありありと思い浮かべることのできる一曲である。

『宿命』と聴き比べてこその一曲です。それとスマブラSPで本田晃弘さんによるアレンジが収録されたので、そちらもあわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com