VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#379 『汽車フィールド その2』(峰岸透/ゼルダの伝説 大地の汽笛/NDS)

www.youtube.com

任天堂がおくるアクションアドベンチャーゼルダの伝説より、

峰岸透作曲、大地の汽笛の『汽車フィールド その2』。

本作のメインテーマで、汽車で移動をする際のフィールド曲。

ゼルダの伝説シリーズのうち、夢幻の砂時計に続きDSで展開するペンアクションアドベンチャーの2作目にあたる本作。前作の100年後の世界を描いていて、鉄道網が高度に発達したハイラル王国を舞台に、見習い機関士のリンクがゼルダ姫とともに大いなる冒険へと旅立つ。本作ではゼルダの魂が宿ったファントムと一緒に様々なアクションを駆使してダンジョンに挑むことになる。操作は相変わらずタッチペンオンリーで、たびたびマイク機能を用いて楽器を演奏するセッションという要素は、人によって得手不得手が分かれやすいなど、DSの特性を活かしているものの、若干の弊害がある。

本作の音楽を担当するのは峰岸透氏、富永(現姓は片岡)真央氏、太田(現姓は早崎)あすか氏、近藤浩治氏の四名。いずれも任天堂に所属する作曲家たちである。このうち富永氏はゼルダシリーズには初参加で、後にBoTWでメインコンポーザーを務めることとなる。本作では前述のセッションといった演奏に焦点を当てたシステムが搭載されていることから、音楽に対する深いこだわりを窺うことができ、状況に応じて音色が追加されるなど、遊び心に満ちた仕掛けが施されている。

本作のメインテーマであり、神の汽車で移動する際に流れるこの曲は、パンフルートの透き通る音色が心地良い一曲である。本作ではパンフルートは大地の笛という形で主要アイテムとして扱われているため、本作を代表する楽器であり、メインテーマのメインメロディーを飾るにふさわしいものとなっている。アコースティックギターの軽快な伴奏の上を、颯爽と走り抜けるかのごとく清涼感たっぷりに奏でられる旋律は、汽車で移動するという本作独自のシステムを見事に表現していて、2分19秒あたりから毛色を変えて一呼吸つくと、2分54秒から再び始動する際の勢いを力強く後押しする。なお、ゲーム中ではリズムに合わせるように汽車の走行音が鳴り響くことで臨場感を与えている他、停車時はパンフルートの音色も止むなど、いろいろな工夫が凝らされている。

スマブラでのなるけみちこさんのアレンジも素敵です。時のオカリナメドレーもそうですが、ループの繋ぎ方がほんとうに秀逸で、とても素晴らしいアレンジです。走行音あり、停車時、それからなるけさんのアレンジ、三つあわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com