VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#380 『White Devil』(濱本理央/エースコンバット アサルト・ホライゾン/PS3・X360)

www.youtube.com

バンナムが手がけるフライトシューティング・エースコンバットより、

濱本理央作曲、AHの『White Devil』。Misson 9(Siege)にて流れます。

空を駆って敵軍を討つ爽快感が特徴のエースコンバットシリーズ。11作目にして初のPS3向けの作品である本作は、X2に引き続き現実世界を舞台としていて、"Rebirth(再生)"をコンセプトに、大胆にシステムを革新した意欲作である。超音速・大破壊シューティングと銘打つ通り、本作は今までになく破壊モーションが緻密に描き込まれていて、敵機の翼がもがれ無残に散りゆくさまは圧巻である。リアル志向のシナリオやシネマティックな演出は、従来のエスコンらしさからは逸脱していて、シリーズ経験者にとってはすくなからず親しみにくい。

本作の音楽を担当するのは大久保博氏、小林啓樹氏、濱本理央氏に加え、イズタニタカヒロ氏、自営山氏、鈴木克崇氏、日比野則彦氏の総勢七名の作曲家たち。このうち大久保氏、小林氏、濱本氏が中心に作曲していて、他の四名はそれぞれ一曲ないしは二曲担当している程度にとどまっている。本作の楽曲はリアルな世界観を反映してか、アメリカはシアトルでレコーディングされていて、豪華なオーケストラに民族楽器の音色が融合したエレクトリックサウンドが、熾烈な空戦をドラマチックに彩ってくれる。サウンドトラックは限定盤の特典で、単体では市販されていない。

Mission 9ことSiege(包囲)は、ロシアのベールイ基地を舞台に、味方輸送機を援護しつつ反乱軍を撃退する対空・対地ミッションである。イントロでざわざわと戦慄くように響くオーケストラが焦燥感を煽り、エレキギターの音色が入ると、一歩たりとも退くことのできぬ緊張感を漂わせる。焦らすように似たり寄ったりのフレーズを奏で続けるストリングスは、2分手前で透き通るようなコーラスとともに目一杯の高音を轟かせることで束の間の解放感を演出し、ややあって再び2分54秒あたりから、エレキギターも伴奏に加えながら今一度繰り返すと、その音使いは破壊のカタルシスを凝縮したかのような印象さえ与える。ちなみにミッションの舞台となるベールイは、ロシア語で「白」を意味し、「白い悪魔」という曲名にふさわしいものとなっている。

7発売記念に。エスコンは、4の『Blockade』然り、こういう焦らしの利いた曲が好きです。

thytimes.hatenablog.com