VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#382 『終点』(安藤浩和/ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ/N64)

www.youtube.com

HAL研が手がけるクロスオーバー型の爽快アクションゲーム・スマブラより、

安藤浩和作曲、初代の『終点』。マスターハンド戦のステージ曲。

任天堂の人気キャラが一堂に会して吹っ飛ばし合うスマブラシリーズの原点である本作。最近でこそ任天堂以外のキャラも参戦して豪華な乱闘が繰り広げられるようになったが、本作では初期キャラ8体に隠しキャラ4体の計12体と、当時としては画期的ながらも、慎ましさのある仕上がりとなっている。対戦格闘ゲームさながらの殴り合いでありながら、アイテムやステージギミックなどによりお祭り要素が強く、初心者から上級者まで、実力の有無を問わず楽しめる。通常の対戦モードの他に、迫りくるCPUを撃退する一人用モードも搭載されている。

本作の音楽を担当するのは安藤浩和氏。HAL研究所に所属している作曲家で、同じくHAL研が開発を務める次作のDXでも、複数の作曲家たちと一緒に引き続き作曲をおこなっているが、本作に関しては氏が単独で手がけている。クロスオーバー作品にふさわしく、対戦ステージでは各作品の楽曲をアレンジして取り入れたり、勝利時のファンファーレも原作にちなんだ効果音を使ったりしている。一人用モードでは本作オリジナルの要素があるため、それに合わせて、既存の作品にとらわれない無国籍なサウンドを書き下ろしている。

11連戦の一人用モードの最後に立ちはだかるのは、巨大な右手を模した異形の存在・マスターハンドである。マスターハンド戦の専用ステージとして登場する終点は、特別な仕掛けもなければ空中の足場もない、戦闘特化の平坦なステージで、(DX以降は対戦ステージとして選べるようになるが)本作においてはマスターハンド戦との一騎打ちの際にのみ使用可能となっている。そのいわばラスボス戦を彩るのが、この荒々しさたっぷりのロックサウンドである。本作全体を貫くお祭りっぽさとは正反対の、終始殺伐とした曲調は、癖になる独特なリズムとともに、昂揚感と緊張感を煽ってくれる。得体のしれない者との戦いという状況を簡潔に表した一曲である。

20周年おめでとうございます。やり込んだのはDXですが、64も印象深いですね。