VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#383 『北風のミュゼット』(阿知波大輔/アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~/PS3)

www.youtube.com

ガストがおくる錬金術RPGアトリエシリーズより、阿知波大輔作曲、

アーシャの『北風のミュゼット』。フィルツベルクのアトリエで流れます。

素材を集めて調合して依頼をこなしていくアトリエシリーズの14作目にして、黄昏シリーズの第1作にあたる本作。本作はそれまでの世界観を一新し、滅びゆく大地を舞台とした退廃的な作風が特徴となっていて、行方不明の妹を探しに旅に出る錬金術士の少女・アーシャの冒険を描いている。戦闘システムに距離の概念が導入された他、調合システムは全体的に簡略化されてとっつきやすくなり、ゲーム内で定められた3年間の時間制限をいかに過ごすかはプレイヤー次第である。

本作の音楽を担当するのは阿知波大輔氏、下田祐氏、柳川和樹氏の三名。いずれも当時ガストに所属していた(あるいは現在も所属している)作曲家たちである。このうち下田氏はアトリエシリーズ初参加で、続編のエスロジでも引き続き阿知波氏や柳川氏とともに作曲を手がけることになる。従来のアトリエにみられるような底抜けの明るさとは異なり、滅亡を控えた黄昏の世界を表現するにあたって、本作では哀愁漂う民族音楽調の楽曲が多く取り揃えられていて、採取地ごとに戦闘曲が切り替わるなど、音楽について随所に工夫が凝らされている。

フィルツベルクは本作最大の拠点であり、人々の自由と自治の精神が築き上げた、歴史ある城塞都市である。そこに居を構えてアトリエを経営する際に、工房内で流れるのがこの曲である。温かみのある素朴で簡素な三拍子による旋律は、前向きさのなかに切なさを内包していて、飾り気がないからこそいっそう美しく映える音使いは、真理を求めて飽くなき探求心を燃やす錬金術士の姿勢をありありと彷彿させる。曲名にあるミュゼットとは、フランスに古くから伝わる気鳴楽器の一種およびそれに関連する演奏法や舞曲一般を指す複合的な概念で、アコースティックギターの伴奏とともに静やかに奏でられるアコーディオンと思しき音色が、そうしたミュゼットを想起させる、古式ゆかしい踊るような軽やかさを生み出している。

この短いループのなかに黄昏の世界を完璧に表現していて、多作なアトリエシリーズのなかでも特に好きな一曲です。