VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#385 『いけ!月風魔』(浅田靖/悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair/X360)

www.youtube.com

コナミがおくるゴシックホラーアクション・悪魔城ドラキュラより、

前沢秀憲作曲・浅田靖編曲、HDの『いけ!月風魔』。DLC第11章のステージ曲。

原曲は月風魔伝のフィールド曲、『行け!月風魔』。

ドラキュラ伯爵の討伐を目指して数々の仕掛けをかいくぐるダークファンタジー調の悪魔城ドラキュラシリーズのうち、ダウンロード専用の外伝にあたる本作。30分の制限時間内に全6章からなる各章を攻略していく、ステージクリア型のアクションゲームである。オンラインでシリーズ初となる最大6人までのマルチプレイに対応していて、協力モードで互いに助け合ったり、サバイバルモードで互いにしのぎを削ったりするなど、ソロプレイとは違った魅力が凝縮されている。DLCは複数回にわたり配信されていて、過去作のキャラクターやマップやBGMが追加される仕様となっている。

本作の音楽を担当するのはコナミ所属の作曲家を中心とする複数のメンバーたち。過去作のアレンジ曲が多いなかで、市橋康弘氏と広野智章氏が主に本作初出のオリジナル曲を手がけている。DLCの編曲はノイジークロークの浅田靖氏が軒並み担当していて、氏の得意とするところの、熱いギターによるハードロック系のアレンジが多く収録されている。音楽はゲーム内で自由に変更可能で、自分好みのBGMでプレイすることができる。

ドラキュラシリーズの作品でないにも関わらず、DLCのトリを務めた月風魔伝とは、1987年にファミコンで発売されたコナミの和風アクションRPGである。続編こそつくられなかったが、ワイワイワールドやポップンなど、コナミの作品に幅広く客演していて、中世ヨーロッパのゴシックホラー作品たる本作でもその例に漏れず、まさかの参戦を果たしている。第11章のステージ曲として流れるこの曲は、ファミコン音源で奏でられる素朴な原曲を、シャープでエネルギッシュなエレキギターにより絢爛華麗なアレンジを加えていて、ド派手な疾走感を漂わせている。ところどころ三味線の音色を響かせることで、原作の和の世界観を尊重している様子も窺うことができ、二十年以上の時を経て、まさしく時代を越えた和洋折衷が実現した一曲である。

月風魔伝といえば『龍骨鬼戦』も(こちらもHDでアレンジされていますが)非常に格好良いですよね。いつか紹介したいです。とりあえず今は、原曲の『行け!月風魔』(アレンジの際になぜか曲名の漢字表記が変わったようです)をあわせてどうぞ。

www.youtube.com