VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#397 『City of Tears』(Christopher Larkin/Hollow Knight/PC)

www.youtube.com

Team Cherryがおくるインディー2Dアクションアドベンチャー・ホロウナイトより、

Christopher Larkin作曲、『City of Tears』。同名のステージ(涙の都)で流れます。

オーストラリアのインディーデベロッパー・Team Cherryの代表作である本作。滅びゆくムシの王国を舞台に、かつて栄えた文明の廃墟を冒険しながら己の使命を知るメトロイドヴァニア系のアクションアドベンチャーである。ときに美しく、ときに恐ろしくもある繊細なグラフィックに、洞穴や古代都市といった探索し甲斐のある広大な世界、古典的で洗練された高難度のゲーム性が特徴で、その人気の高さゆえ、スイッチ、PS4、XboxOne、主要の据え置き機にはすべて移植されている。また、四度にわたる無料の大型アップデートが実施されている。

本作の音楽を担当するのはChristopher Larkin氏。アップデート後の追加曲も担当している、オーストラリア出身の作曲家である。ピアノを得意としていて、ジャンルとしてはクラシックに関心を寄せる一方で、エレクトロニックやプログレにも造詣が深く、ゲーム以外にもテレビや映画の劇伴を務めている。本作では奇妙に残酷で美しい世界観にあわせて、オーケストラを軸にしたオペラ風の楽曲が揃っていて、滅亡に瀕した王国を静かに照らしてくれる。

涙の都、亡国ハロウネストの首都であり栄華の中心であったこの場所は、涙という名が示す通り、常に雨が降りしきるステージである。そこで流れるこの曲は、甘く柔らかなハープの音色に、天に昇らんばかりの鈴を振るようなソプラノが響き渡るその凛とした音使いからは、廃墟然としつつ、過去の栄光の余韻をも感じ取れる。1分40秒からはボーカルに代わってストリングスが主旋律を担い、静けさのなかに、決して色褪せることのない力強さを窺わせる。古の時代のロマンを余すことなく表現した一曲である。

ボーカルはAmelia Jonesさんが歌っているそう。まさしく廃墟というような雰囲気が、ゲームのビジュアルとあわせてとても素敵です。