VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#400 『0²(ゼロ・ツー)』(石川淳/星のカービィ64/N64)

www.youtube.com

HAL研がおくる冒険アクション・星のカービィより、石川淳作曲、

『0²(ゼロ・ツー)』(『VS.ゼロ・ツー』とも)。ゼロ・ツー戦の戦闘曲。

敵を吸って吐いたりコピーしたりしてステージを攻略していく星のカービィシリーズのうち、通算6作目としてニンテンドウ64向けに登場した本作。本作では、惑星リップルスターが黒い雲により襲撃され、惑星の宝物であるクリスタルがばらばらに散ってしまったことを受け、妖精のリボンとともにカービィがクリスタル探しの旅に出ることになる。本作から3Dグラフィックに切り替わり、従来通り横スクロールながらも奥行きのあるステージギミックが楽しめるようになった他、異なる二つのコピー能力を組み合わせることで新しい能力を生み出すコピー能力ミックスが初めて導入され、これらは後のシリーズにも連綿と受け継がれることになる。

本作の音楽を担当するのは安藤浩和氏と石川淳氏。おなじみHAL研所属の作曲家たちで、石川氏は初代から、安藤氏は夢の泉からシリーズサウンドに携わっている。本作では冒険の舞台として、カービィの出身地であるポップスターやリボンが暮らすリップルスターなど、いくつもの惑星を渡り歩くことになるため、その星々の環境や特色に見合ったバラエティ豊かな楽曲が用意されている。サウンドトラックは発売されているが、残念ながら未収録の曲もすくなくないうえに、一部の曲名は表記が統一されていない。

クリスタルをすべて集めた状態で挑むことになる本作の真のラスボスことゼロツーは、リップルスターを侵略した黒幕であり、真っ白な球体に不気味な翼を生やした一つ目の怪物である。そうした得体のしれない恐怖を増長するかのごとく、ゼロツーとの戦闘で流れるこの曲は、最初の一音から最後の一音まで、終始シリアスな雰囲気を漂わせたダークアンビエント調の一曲である。シリーズ特有のほんわかした作風とは一切無縁な、でなおしたくてもがんばるしかない状況下、焦燥に満ちた音使いがプレイヤーの絶望と畏怖の感覚を限界まで煽ってくれる。

隠しボス戦の曲としてはなかなか比類を見ない出来栄えだと思っています。アレンジに関しては、スマブラXにて葉山宏治さんが編曲したものや、スタアラでミラクルマター戦とのメドレーのような形で安藤さんが編曲したものがありまして、呼吸をするような何気なさで謎のシャウトを大量に取り入れた前者(『ゼロツー戦』)、異なる二つの良曲を組み合わせて生み出された名曲ミックスの後者(『おとめたちのやみとのたたかい』)、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com