VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#401 『敬虔な恐れ』(目黒将司/真・女神転生 STRANGE JOURNEY/NDS)

www.youtube.com

アトラスがおくるオカルトテイストの3DダンジョンRPG・真女神転生より、

目黒将司作曲、SJの『敬虔な恐れ』。通常戦闘曲。

悪魔を勧誘して味方にする仲魔システムや悪魔合体といった独特なゲーム性で知られる女神転生シリーズのうち、真・女神転生のナンバリングでも外伝でもない特殊な立ち位置にある本作。シリーズから完全に独立した世界観のもと、本作では南極に忽然と姿を現した亜空間シュバルツバースを舞台に、人類の科学技術を結集して組織された調査隊が、地球の命運を賭けた戦いに身を投じることとなる。生きるか死ぬかの瀬戸際という状況を見事に表現した歯応えのある難易度や、マルチエンディング制によるスリリングなシナリオが特徴で、後にシステム面を強化し、新キャラや新エンディングを追加した3DS版のDEEP STRANGE JOURNEYも登場した。

本作の音楽を担当するのは目黒将司氏。DSJでは追加曲の一部を小西利樹氏が手がけている。いずれもアトラスに所属する作曲家たちで、目黒氏は3から、小西氏は4からメガテンシリーズに携わっている。本作では従来のシリーズにみられたようなハードロックサウンドと異なり、男性コーラスを多用したクラシック調のものが大半を占めていて、高純度のSFとオカルトが融合した世界観にふさわしい壮大な楽曲が揃っている。

通常戦闘曲という都合上、何度も繰り返し聴くことになるこの曲は、イントロから重厚感たっぷりのストリングスが印象的な一曲である。24秒あたりから低く陰鬱な男性コーラスが響き渡り、そこにシンバルやトランペットなども加わると、その高圧的な音使いが苛烈なほど緊張感を煽る。溜めに溜めた後、48秒から非常に伸び伸びとしたサビが奏でることで、束の間だけでも一切の鬱憤を晴らすような解放感が漂うが、曲全体を貫く暗澹たる悲愴感は、依然として聴く者に大いなる恐れを抱かせる。

25周年記念の限定CDに伊藤賢治さんのアレンジもありまして、そちらは男性コーラスなし、エレキギターやピアノをフィーチャーした仕上がりとなっています。陰鬱さは抑えめ、イトケン流のスタイリッシュ路線です。あわせてどうぞ。

www.youtube.com