VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#408 『わびさびテンプル』(寺田創一/サルゲッチュ/PS)

www.youtube.com

ソニーが手がけるデュアルショック専用アクション・サルゲッチュより、

寺田創一作曲、『わびさびテンプル』。同名のステージで流れます。

潜在能力を引き出す特殊なヘルメットをかぶったピポサルたちを捕獲していくサルゲッチュシリーズ。その第1作目にあたる本作は、世界初のデュアルショック(振動機能付きコントローラ)専用ソフトとして登場した。本作は、世界を征服し人類の歴史を改竄せんと目論むサルを追って、過去の世界を巡りながら、ときにガチャメカなる発明品を駆使しつつサルを捕まえるのが目的である。シンプルなゲーム性にバラエティ豊かなステージ、コミカルだがシリアスでもある独特な世界観が好評を博し、シリーズ化やアニメ化される人気作となった。

本作の音楽を担当するのは寺田創一氏。電子オルガンを得意とする作曲家で、日本におけるハウス・ミュージックの草創期から活躍するパイオニアでもある。ゲーム音楽方面では本作以前にレースゲームの湾岸トライアルで作曲した経験がある。本作では氏の持ち味を活かしたラウンジ系およびテクノ系の楽曲が一通り揃っていて、第1作目にしてサルゲッチュシリーズのサウンドの方向性を鮮烈に印象付けた。

わびさびテンプル、その名の通り寺や石畳の階段、梵鐘など、和の建築が特徴的であるこの風光明媚なステージで流れるのがこの曲である。シンセパッドの幻想的な音色、ときおり挿入される水滴の音、そこに渋さあふれる和楽器の旋律が加わることで、アップテンポなドラムンベースらしい仕上がりでありつつ、わびさびの心を強く刺激する閑雅たる風情を感じさせる。どことなく切なくて、どことなく物悲しいメロディーラインは、いつまでも聴いていられるような奥ゆかしげで味わい深い魅力を醸している。

この渋味のある音使いがすごく好きです。ちなみにわびさびテンプルの英名はSushi Templeだそうで、ネーミングの安直さがまた不思議と魅力的です。