VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#422 『果て無き彷徨 "The Voyager"』(古川典裕/タクトオブマジック/Wii)

www.youtube.com

タイトーがおくる魔法アクションストラテジータクトオブマジックより、

古川典裕作曲、『果て無き彷徨 "The Voyager"』。水の地形で流れます。

魔法を描き、魔物を操る魔導士アクションRPGロストマジックの続編にあたる本作。前作はDSでの発売だったのに対し、本作はWiiにハードを移していて、シナリオ面における繋がりはないが、ルーンと呼ばれる魔法文字を画面上に描いて仲間を指揮するゲーム性は継承している。ジャンルとしてはリアルタイムストラテジーであり、Wiiリモコンとヌンチャクが紡ぐ数々の魔法を駆使して、刻一刻と変化する戦場を駆け抜けることとなる。

本作の音楽を担当するのは古川典裕氏。サウンドプロデュースはタイトーサウンドチーム・ZUNTATAが担っている。古川氏はなかやまらいでんという別名義でも知られる作曲家で、かつてはZUNTATAに所属していたことがあり、離籍後も本作含めタイトーの作品に多く携わっている。本作では魔法を扱った王道なハイファンタジー調の世界観にあわせて、煌びやかなオーケストラサウンドが揃っているが、操作の忙しさや、戦場での臨場感を伝える効果音の多さゆえにすこし集中して聴き取りづらいきらいがある。サウンドトラックは残念ながら未発売だが、一部の楽曲はニンドリの付録CDに収録されているほか、公式サイトから作曲者本人による解説付きで試聴可能である。

本作では様々な仕掛けに満ちたマップが登場するが、そのなかで水の地形において流れるのがこの曲である。古川氏の解説にある通り、その曲調は「前半はゆっくりと流れる大河のように、後半では飛沫、あるいは激しい瀑布のように」展開していき、水の持つ豊かな包容力と、水害をもたらしかねない秘めたる脅威をひとまとめに表現している。ピアノとチェロの流麗さに、トランペットとフルートの勇壮さ、重厚で深遠なオーケストラが奏でる美しく力強い旋律は、その両面を併せ持っている。

メインテーマの『時代よ巡れ、我が杖の導くままに Allegro Maestoso "Heroique" in F sharp minor』とは対極にある曲、と本人談。勇ましさ全開のそちらもあわせてお聴きください。

www.youtube.com

www.nintendo.co.jp