VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#425 『決戦、変革の境界にて』(近藤嶺/ダンボール戦機ウォーズ/3DS)

www.youtube.com

レベルファイブが手がけるプラモクラフトSRPGダンボール戦機より、

近藤嶺作曲、ウォーズの『決戦、変革の境界にて』。ラスボス戦の曲。

内外の衝撃を吸収する強化ダンボールの誕生により、ダンボール内でのホビー用小型バトルロボット・LBXを用いた対戦が白熱化する近未来を舞台とするダンボール戦機シリーズ。第3作目にあたる本作は、世界最高峰のホビーに上り詰めたLBXを巡り、LBXプレイヤーの養成校・神威大門統合学園にて繰り広げられる学園独自の世界戦争シミューレーションでの駆け引きを描いている。本作からジャンルがRPGからSRPGに変更され、RPGパートとシミュレーションパートの両方を進めながら、やがて明かされる世界の陰謀に挑むことになる。

本作の音楽を担当するのは近藤嶺氏。氏は音楽会社T's MUSICに所属している作曲家で、ダンボール戦機シリーズには初代から欠かさず単独で参加している。また、アニメの劇伴も務めている。本作では近未来のロボットものらしいSF的な作風と、世界を巻き込むほどのスケールの大きい物語にあわせて、壮大で重厚なオーケストラサウンドが揃っている。サウンドトラックはアニメ版の音楽と兼ねての発売となっているため、ゲームの主題歌のかわりにアニメの主題歌が収録されている。

世界各国の研究機関から略奪した軍事技術の結晶であるラスボス機との戦闘で流れるのがこの曲である。ピアノとストリングスを巧みに組み合わせた静かなイントロから始まり、そこにトランペットを追加して勢いをつけると、イントロ明けには一気に解放するかのごとく猛々しいコーラスが轟き渡る。そこから畳みかけるように展開する、非常に勇敢かつ大胆かつ豪壮なメロディーラインが特徴で、ちょうど2分あたりで初代のラスボス曲『希望と絶望の狭間で』のフレーズを引用するなど、一切の予断を許さぬ怒涛の盛り上がりを見せる。まさに集大成という表現がぴったりな、革命的な響きを帯びた一曲である。

2分以降の旋律、特に2分28秒過ぎから、すでに十分盛り上がっているところでさらにもう一段階、飛躍的な盛り上がりを見せるところが好きです。『希望と絶望の狭間で』(作曲者は同じ)もあわせてどうぞ。

www.youtube.com