VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#431 『足跡を辿って』(柳川和樹/トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~/PS3)

www.youtube.com

ガストが手がける錬金術RPGアトリエシリーズより、

柳川和樹作曲、トトリの『足跡を辿って』。ワールドマップで流れます。

材料を集め、錬金術を使って調合し、アイテムを作成していくアトリエシリーズのうち、第12作目にあたる本作。アーランド編の2作目として、前作のロロナから5年後の世界を描いている。前作ではデフォルメだったキャラクターの3Dモデルは頭身が上がり、岸田メル氏のキュートなデザインが忠実に再現されているほか、冒険者免許なるシステムを導入することで全体的な自由度が向上、プレイスタイルに応じて柔軟に未開拓地域を探索できるようになった。また、前作で大幅に易化した難易度も見直され、マルチエンディングのそれぞれの結末を見届けるべく周回をする甲斐のある仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは中河健氏と柳川和樹氏の二名。いずれも当時ガストに所属していた作曲家たちである。このうち中河氏は前作では単独で作曲を務めていたが、本作は柳川氏との共作となり、柳川氏はアトリエシリーズ初参戦を果たしている。後に登場するアーランド編3作目のメルルでも柳川氏は引き続き担当しているほか、4作目のルルアでも中河氏・柳川氏ともに再び作曲に携わることになる。本作では旅というテーマにあわせて、ラテン音楽フォルクローレを思わせる民族音楽が多数収録されていて、一つの曲を様々な場面でアレンジすることで統一感を生み出している。

ワールドマップで流れるこの曲は、『足跡を辿って ~ 森』『~ 平原』『~ 遺跡』『~ 荒地』『~ 洞窟』『~ 島』と、計6種の異なるアレンジが用意されている一曲である。冒険者として各地を巡る旅のなかで、ワールドマップから採取地へ移動する際、同じ曲をベースにすることでシームレスに音楽が切り替わる仕様となっている。幽玄な笛の旋律、渋味あふれるアコースティックギター、しなやかで淑やかなストリングスが織り成す叙情的なアンサンブルは、遥かな旅を彩るにふさわしい使命感と寂寥感を帯びている。『森』ではミステリアスな、『平原』ではノスタルジックな、『遺跡』ではファンタジックな、『荒地』ではエスニックな、『洞窟』ではシリアスな、『島』ではトロピカルなアレンジがそれぞれ加えられている。

原曲が一番好みですが、『遺跡』の重厚感もいいですね。ちなみに『平原』『遺跡』『荒地』は中河さんのアレンジ、それ以外は柳川さんのセルフアレンジです。繋ぎ方が秀逸な7種類のメドレーもあわせてどうぞ。順番は 原曲→(1分20秒)森→(2分40秒)平原→(4分00秒)荒地→(5分20秒)洞窟→(7分00秒)島→(8分00秒)遺跡 です。