VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#438 『事件解決』(新井武・古代祐三・柳川剛/レイトンブラザーズ・ミステリールーム/iOS)

www.youtube.com

マトリックスソフトウェアが手がけるタッチ推理ゲーム・レイトンブラザーズより、

新井武・古代祐三・柳川剛作曲、『事件解決』(仮称)。事件解決後に流れます。

ナゾを解いて事件を推理していくレイトンシリーズのうち、スマホ向けのアプリとして登場した本作。レイトン教授の息子アルフェンディ・レイトンと彼の元に配属された新人分析官ルーシー・クレイラを主人公に、犯行現場を調べたり証言を集めたりして事件の真相に迫っていく。個性豊かな登場人物たち、失敗してもペナルティが発生しない易しめな難易度、指一本でプレイできるタッチ操作など、レイトンシリーズ特有の世界観を押さえつつ、全体的に手軽に遊べる仕上がりとなっている。配信開始時は5話構成だったが、後に4話分追加され、全9話で完結している。無料体験版では2話まで収録されている。

本作の音楽を担当するのは古代祐三氏、新井武氏、柳川剛氏の三名。いずれも古代氏率いるエインシャントの面々であり、柳川氏は外部協力スタッフとして楽曲提供している。レイトンシリーズといえば西浦智仁氏だが、スピンオフにあたる本作ではすこし趣向を変えていつもとは違う顔ぶれの作曲陣となっている。シリーズサウンドの方向性はそのままに、曲調としてはゆったりめのジャズが大半を占めていて、推理の時間を優雅に彩ってくれる。良曲揃いだが、残念ながらサウンドトラックは未発売のため、曲名は便宜上の仮称とする。

犯人を特定し、追いつめ、無事事件解決へと導いた後の場面で流れるこの曲は、ストリングスとピアノが奏でる渋く落ち着いたアンサンブルが美しい一曲である。ラウンジミュージックやイージーリスニングさながらの気品あふれる心安い響きが、つい先ほどまで繰り広げられた犯人とのスリリングな対決から一転、ようやく緊張をほぐしてほっと一息つくことができる。嵐の前の静けさならぬ嵐の後の静けさということばがぴったりなエレガントなジャズナンバーである。

本作では、タンゴとかフォーク系の民族音楽が多めの本家シリーズとは一味違う、洒落た雰囲気の音楽がとても魅力的です。サントラが切実にほしい一作。