VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#440 『Déraciné』(北村友香/Déraciné/PSVR)

www.youtube.com

フロムが手がけるVRアドベンチャーデラシネより、

北村友香作曲、『Déraciné』。スタッフロールで流れます。

「古典的アドベンチャーゲームを、最新のVR技術で描く」というコンセプトのもと、PSVR専用タイトルとして登場した本作。プレイヤーは止まった時の世界に住む、人間の目には見えない妖精となり、寄宿学校で暮らす6人の少年少女たちの運命に干渉していくことになる。VRならではの魅力がたっぷり注ぎ込まれた温かく臨場感のある世界を、子どもたちが紡ぐ残酷で美しいドラマを通じて、五感のすべてを用いて味わい尽くすことのできる仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは北村友香氏、齋藤司氏、宮澤翔衣氏の三名。いずれもフロムに所属する作曲家で、社内のサウンドチームFreQuencyのメンバーである。FreQuencyでは北村氏がバイオリンを、斎藤氏がドラムを、宮澤氏がギターとマニピュレートをそれぞれ担当している。このうち宮澤氏はフロムに入社したての新人で、ゲームでの作曲を務めるのも本作が初めてである。ミステリアスでありつつ、終始落ち着いた雰囲気の本作の作風にあわせて、弦楽器の多重奏を中心とした格調高いアンサンブルサウンドが揃っている。サウンドトラックは限定版の特典として付属されている。

物語を終え、エンディングとともに流れ出すこの曲は、ゲームの題名をそのまま冠したメインテーマにして、本作の世界観を丸ごと詰め込んだような温もりあふれる一曲である。静謐さを目一杯漂わせたピアノ独奏から始まり、そこに素朴なバイオリンの旋律が追加されると、ドラマチックな起伏を見せつつ、優しく物柔らかに曲が展開していく。音の切れ目を感じさせないなだらかな音使いが特徴的だが、時折ぱたっと音が止む小休止を入れることで、情緒豊かに緩急をつけ、聴く者の心を揺さぶってくる。また、要所要所にオルゴールの音色を挿入することで、その澄んだ響きが、魔法にかけられたような幻想的な空気感をつくり出し、最後の最後で本作への没入感を最大限にまで高めてくれる。

つい先日SEKIROが発売されたのを受けてフロム繋がりでの紹介です。デラシネはボリュームは少々抑えめで曲数もすくないですが、非常に丁寧さが光る作品ですね。同じく北村さんによる『妖精さんと演奏会』もこの曲とフレーズを共有していて、そちらはオルゴールをメインに、鼻歌なども取り入れた仕上がりとなっています。あわせてどうぞ。

www.youtube.com