VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#443 『悲壮なる叫び』(甲田雅人/El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON/PS3・X360)

www.youtube.com

イグニッション・エンターテインメントがおくる3Dアクションゲーム・

エルシャダイより、甲田雅人作曲・松尾早人編曲、『悲壮なる叫び』。

サリエル戦で流れます。

旧約聖書エノク書を題材に、神の命により堕天使の束縛を任された主人公・イーノックが、地上界の命運を賭けた戦いに身を投じるという内容の本作。簡単なボタン操作で繰り出せるシンプルなアクション、絵画のように美しいビジュアル、遥か古の時代を舞台としたシュルレアリスティックな世界観が特徴で、事前に公開された小粋なPVが人気を博し、発売前から大きな話題を呼んだ。後に本作の系譜を継ぐ神話構想RPG・The Lost Childが登場した。

本作の音楽を担当するのは甲田雅人氏と長谷川憲人氏。いずれもデザインウェーブに所属する作曲家たちである。また、編曲には澤口和彦氏、多田彰文氏、松尾早人氏など、イマジン所属の五名の精鋭が参加している。本作では神話的でありながらどこか現代的で前衛的な作風にあわせて、コーラスやストリングスなどを大胆に取り入れた壮大な楽曲が一通り揃っている。その多くはフルオーケストラによる生演奏であり、重厚さの光仕上がりとなっている。

七大天使の一人であり、人間の愛に魅せられ堕天の道を選んだサリエルとの戦闘で流れるのがこの曲である。イントロから非常に疾走感あふれる、優艶なバイオリンの旋律が印象的で、小気味いいドラムとギターが融合して生み出されるアヴァンギャルドな伴奏が、戦闘時の昂揚感をぐっと高めてくれる。メロディーラインそのものはさながら愛を囁くように甘美で官能的だが、息をつく間もなく展開する怒涛の音使いが、激情に駆られたかのような好戦的な響きを持ち、曲名にふさわしい悲愴感が漂っている。

曲名のセンスが素敵ですね。サリエルの情熱的な人物像にもよくマッチしています。