VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#450 『MARELESS』(作曲者不明/クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ/And)

www.youtube.com

コロプラがおくるクイズ&カードバトルRPG・魔法使いと黒猫のウィズより、

作曲者不明、『MARELESS』。黄昏メアレスの通常戦闘曲。上記動画の27:25から。

魔法が息づくファンタジーの世界を舞台に、次々と出題される様々なジャンルのクイズに答え、クエストを進めていくという内容の本作。基本無料・アイテム課金制のスマホ用アプリとして登場し、基本的にはクイズに答えるだけ、というシンプルかつ奥深いゲーム性が特徴である。オーソドックスな四択以外にも並べ替え、〇×、穴埋め、線結びなど、豊富なクイズ形式が揃っていて、協力プレイでレイドに挑んだり、トーナメントで全国の強豪プレイヤーと競い合ったりもできる。アップデートを通じてイベントやコラボなども頻繁におこなわれている。

本作の音楽に関しては、作曲者の名前が判明していない。基本的にはコロプラの社内で制作しているものと思われるが、一部の楽曲に関しては外注しているようである。具体的にどの曲かは分からないが、ジーアングルの小林哲也氏がいくつか手がけているほか、覇眼戦線2、幻魔特区スザクⅢ、空戦のドルキマスⅡなどのイベントでは、フリーで活躍する西木康智氏が楽曲を提供しているとのことである。サウンドトラックは四周年の記念として受注生産で販売されたが、そこでも作曲者の詳細は明らかになっていない。ただ、詳細は分からずとも本作のサウンドのクオリティは総じて高く、ハイファンタジーの世界観を軽快に彩る珠玉の良曲が揃っている。

既存のキャラや精霊を扱うのではなく、まったくの新規イベントとして、リリース3周年を記念して開催された黄昏メアレス。夢見ざる者たちが夢を失った理由に迫るストーリーを描いたこのイベントの通常戦闘曲として流れるのが、エレガントでスタイリッシュな魅力がたっぷりのこの曲である。王道かつシリアスなシナリオ展開にふさわしい、ピアノとストリングスという黄金の組み合わせで奏でられる旋律は、「夢はなくても、意地がある」という本イベントのキャッチコピーに違わぬ力強さにあふれている。全編を通して躍動と抑揚に満ちつつ、ふとしたときに憂愁をも覗かせる繊細なメロディーは、メアレスたちの無我夢中なさまを見事なまでに表現している。

公式サイトから過去のイベントのプレストーリーが閲覧できるようになっているのですが、ちゃんとBGMつきで振り返ってくれるという徹底ぶりです。該当ページ(複数ありますが、最初に出てくるもの)を以下に貼っておきますので、サウンドをオンにしてお楽しみください。……あとは曲ごとに作曲者の名前を公表してくれれば完璧なのですが。

colopl.co.jp