VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#461 『通常戦闘』(藤澤慶昌/幻影異聞録♯FE/WiiU)

www.youtube.com

アトラスがおくる真女神転生ファイアーエムブレムのコラボRPG

幻影異聞録♯FEより、藤澤慶昌作曲、『通常戦闘』(仮称)。通常戦闘曲。

アトラスの真・女神転生任天堂インテリジェントシステムズ)のファイアーエムブレムがクロスオーバーして登場した本作。現代の東京を舞台に、華やかな芸能界と異世界イドラスフィアを行き来しつつ物語を進めていく。芸能界をモチーフにしているだけのことはあり、戦闘もセッションやアドリブパフォーマンスといった特殊なコマンド式バトルを採用している。異色すぎるコラボでありながら、独自設定を活かして全体的に手堅くまとめられた仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは、インスト曲に関しては藤澤慶昌氏、ボーカル曲に関してはエイベックスグループの精鋭たちである。藤澤氏は主にJ-POPの楽曲提供やアニメの劇伴などで活躍している作曲家で、一世を風靡したアイドル青春劇・ラブライブで劇伴を務めた経験もある。現代のポップカルチャーを描いている本作にとって、サウンドの人選だけでも音楽に並々ならぬ力を入れていることが窺えるなか、いずれの楽曲も流行の最先端を行くようなスタイリッシュなものが多い。なお、サウンドトラックはボーカルコレクションのみが発売されていて、インスト曲は収録されていないため、後者については便宜上の仮称を用いる。

ボーカル曲が数多く揃えられている一方で、本作の通常戦闘で流れるのはインストゥルメンタル一筋のこの曲である。電子音楽特有の爽やかで清々しい音使いが印象的なエレクトロニックナンバーで、畳みかけるように展開する息もつかせぬ旋律が、抜群の疾走感を誇る。高音や低音、浮遊感あふれるリズムやビートがハイブリッドに融合して奏でられるトランス風のサウンドは、派手な芸能界を彷彿させる煌びやかな魅力にあふれている。

エイベックスミュージックがゲームサウンドを全面的にプロデュース、というのはなかなかすごいことですね。ただ、できればインスト曲のサントラも出してほしいところ。