VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#476 『地下遺跡深部』(近藤嶺/大神伝 ~小さき太陽~/NDS)

www.youtube.com

カプコンがおくるアクションアドベンチャー大神伝より、

近藤嶺作曲、『地下遺跡深部』。地下遺跡の奥深くで流れます。

クローバースタジオの名作・大神の続編としてDS向けに登場した本作。前作から数ヶ月後を舞台に、アマテラスの子・チビテラスが主人公となって、ナカツクニで再び起きた異変を解決していく。クローバースタジオが解散したことを受けて本作ではスタッフが一新され、カプコンが全面的に開発を手がけている。おなじみの筆しらべを用いたアクション性は概ね踏襲しつつ、新たに五人の相棒たちがチビテラスとともに冒険し、困難に立ち向かっていくことになる。

本作の音楽を担当するのは近藤嶺氏。T's MUSIC所属の作曲家で、前作と本作との間でスタッフの入れ替わりが激しかったなかで、氏に限っては前作から引き続き作曲を担っている。新曲はもちろんのこと、前作のアレンジも多く搭載されていて、前作の洗練された和の世界観をそのまま受け継いだ珠玉の良曲揃いとなっている。ハードの制約上、音質は前作よりも素朴なものとなっているが、サウンドトラックでは再調整されてより高音質な楽曲が収録されている。

地下遺跡はシナリオ上二度訪れることになるが、二度目の挑戦の際に初めて立ち入ることのできる地下四階以降で流れるのがこの曲である。それまでの洞窟然とした雰囲気から一転、地下四階からは古代の研究施設のような佇まいを見せていて、そうした張り詰めた空気感を表すかのごとく、この曲はシリアスな曲調となっている。月の民の重要な発明が封印された場所であることから、月の民と深い関わりのある『天神族のテーマ』がほぼ全編にわたってアレンジされているのが特徴で、ハープやコーラス、マリンバの閑雅な音色とともに奏でられる笛の音がとても心地良い。その切なくも美しい音使いは、核心に迫っていることを耳で感じさせてくれる。

『天神族のテーマ』、いいですよね。個人的には『太陽は昇る』と双璧をなす素晴らしさだと思っています。『天神族のテーマ』、それから地下三階以前で流れる『地下遺跡』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com