VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#479 『Last Dungeon』(古川亮/マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝/iOS・And)

www.youtube.com

f4samuraiが手がける、シャフトのアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を原作とする、

スマートフォン向け魔法少女RPG・マギアレコードより、

古川亮作曲、『Last Dungeon』。メインストーリー第9章の道中で流れます。

魔法少女たちの苦悩と奮闘を描いた人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の外伝作という形でアプリゲームとして登場した本作。アニメでおなじみの見滝原市の魔法少女たちはもちろん、新たに新興都市の神浜市を舞台に、複数の新キャラクターたちが運命を変えるべく戦いに身を投じることになる。神浜側の主人公・環いろはの視点から紡がれるメインストーリー、見滝原側の視点から紡がれるアナザーストーリーに加え、キャラクターごとのエピソードが語られる魔法少女ストーリーなど、様々な物語が複雑に交錯し合い、原作とは一味異なる魔法少女の在り方を問う仕上がりとなっている。後にPC版も配信を開始した。

本作の音楽を担当するのは井上泰久氏、小澤亨平氏、斎木達彦氏、千葉"naotyu-"直樹氏、古川亮氏の五名。編曲のみの参加で古屋沙樹氏も携わっている。このうち井上氏、小澤氏、古屋氏は音楽制作チームRightTracks所属の作曲家で、古川氏はユニークノートの一員として楽曲提供している。また、アニメシーンでは梶浦由記氏の既存の楽曲が用いられることもある。原作の悲愴感漂う世界観をそのまま受け継いだ幻想的なオーケストラサウンドが多く揃っていて、曲名はラテン語の代わりに本作では英語で統一されている。サウンドトラックでは発売当時未実装だった曲も先行収録していたが、アップデートを経て現在はすべてゲーム内で実装されるようになった。

全10章からなるメインストーリーの第9章、いよいよ物語が佳境に入ったところで流れるのがこの曲である。イントロではストリングスとコーラスでゆっくりとテンションを高めていき、13秒を過ぎたあたりで激しく勇ましいパートに突入する。30秒ほど威圧感たっぷりの音色が続くと、再びストリングスとコーラスによるメランコリックなアンサンブルが、さながらクラシック音楽のような叙情的なメロディーを奏でる。続いてやってくるサビは、鬱屈とした哀愁を湛えながらも、開放感に満ちた壮大な音使いで、最高潮の盛り上がりを示す。物語の山場にふさわしい緩急に富んだ一曲である。

マギレコ、今度アニメ化されるそうですが、劇伴は梶浦さんのオリジナルなのか、ゲームの楽曲も使っていくのか、楽しみですね。