VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#481 『龍脈の王』(中鶴潤一/太鼓の達人 ドコドン!ミステリーアドベンチャー/3DS)

www.youtube.com

バンダイナムコが手がける和太鼓リズムゲーム太鼓の達人より、

中鶴潤一作曲、ミステリーアドベンチャーの『龍脈の王』。

ストーリーモードのラスボス戦の課題曲。

音楽に合わせて太鼓をリズムよく叩いて高得点を目指す太鼓の達人シリーズのうち、3DS向けのタイトルの第3弾として登場した本作。おなじみの演奏モードに加え、共闘や対戦を楽しめるマルチプレイすれちがい通信にも対応していて、本作オリジナルのストーリーとしてミステリーアドベンチャーモードが搭載されている。ストーリーモードでは、ひょんなきっかけで盗まれた首飾りを取り戻すべく魔導結社ヘキサグリアを追って、ギリシャイースター島などの世界中のミステリースポットを巡って異変を解決していくことになる。演奏中に発動できる大技の太鼓魔法や、仲間を強化する合成システムなど、新要素が多く追加されていて、よりRPGらしい手応えを感じられる仕上がりとなっている。

本作ではデフォルトで60曲以上、隠しで10曲、さらに100曲以上のDLCをあわせて、ぜんぶで180曲近い楽曲が収録されている。J-POPやアニメといった人気のジャンルはもちろん、ゲームミュージックナムコオリジナルが充実しているのが特徴で、本作用にメドレーアレンジした楽曲も新たに収録されている。ナムコオリジナルの新曲に関しては、田島勝朗氏や中鶴潤一氏など、いずれもバンナムに所属している作曲家が中心となって作曲を担っている。本作のストーリーモードの楽曲は、だいたい太鼓の達人オリジナルサウンドトラック第6弾のわたがしに収録されている。

くだんのストーリーモードにおいて、そのラスボスである龍脈の王とのバトルで流れるのがこの曲である。それまで戦ってきた各地の魔物たちを束ねる巨大なドラゴンで、そうした強敵とのラストバトルにふさわしく、演奏の尺が2分半を越える長丁場となっている。直前のボスも非常に手強いことで知られるが、それと比べて2.5倍近いいのち(いわゆるHP)を持つ龍脈の王との戦いは熾烈を極め、そうしたシチュエーションを象徴するかのごとく、この曲はエレキギターとオーケストラが見事に調和した威圧感たっぷりの出来栄えとなっている。さながら怪物の咆哮のように響き渡るコーラスや、休む暇なく敷き詰められた怒涛の音色が、最後の真剣勝負を華麗に彩ってくれる。

ここまでラスボスっぽいラスボスも珍しいと言いますか、曲だけでその強さが伝わってきますね。