VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#493 『魔王を守れのテーマ』(はまたけし/勇者のくせになまいきだ。/PSP)

www.youtube.com

アクワイアがおくるダンジョンマネージメントゲーム・ゆうなまより、

はまたけし作曲、『魔王を守れのテーマ』。勇者との戦闘で流れます。

次々と襲い掛かる勇者たちを撃退して魔王の世界征服を手助けするゆうなまシリーズの第1作目にあたる本作。プレイヤーは破壊神となり、つるはしでダンジョンを掘り、魔物を生み出し、食物連鎖のルールにしたがって魔物を強化して勇者に対抗できる軍勢を育成していくことになる。ドット絵で統一された昔懐かしいグラフィックに、闇鍋のごとく詰め込まれたパロディ要素が特徴的で、戦略性の高さとセンスの良さが綯い交ぜになった独創的な仕上がりとなっている。以降のシリーズの礎をつくりあげた作品である。

本作の音楽を担当するのははまたけし氏。当時ノイジークロークに所属していた作曲家で、ゲームの作曲をメインで手がけるのは本作が初めてだと思われる。ゆうなまサウンドといえば懐古的な作風にあわせて小学校にある楽器を使って演奏しているのが印象的だが、本作ですでにそうした遊び心あふれる方向性の基礎が築き上げられている。本作の楽曲のなかには、続編のor2や3Dでも繰り返しアレンジされ続けるものがいくつかあり、はま氏がシリーズの作曲を離れたあとでも受け継がれている。

or2と3Dでも継続的に使われる楽曲のうちの一つが、勇者との戦闘の際に流れるこの曲である。木琴や鉄琴の踊るように軽快な伴奏の上を、リコーダーの質素な音色や、鍵盤ハーモニカの独特な哀愁のメロディーが彩ることで、おちゃらけたようなライトな雰囲気を出しつつ、不思議と緊張感と焦燥感を煽ってくれる。ずしんと重い和音を奏でるピアノが、もともと忙しい曲調にさらなる混乱をもたらし、勇者との乱戦をいっそう盛り上げる。or2では坂本英城氏によるアレンジが施され、音程があがって華やかになり、3Dではおなじく坂本氏のアレンジで、さらに音程があがりさらに華やかになり、混迷を極める仕上がりとなっている。

音程があがればあがるほど、楽器の性質上、高音がよく似合うからか、後半のリコーダーとハーモニカの掛け合いが映えますね。『魔王を守れのテーマor2』と『魔王を守れのテーマ:3D』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com

www.youtube.com