VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#499 『スタッフロール』(山本健誌/ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女/FC)

www.youtube.com

任天堂とトーセが手がけるミステリーアドベンチャーファミコン探偵倶楽部より、

山本健誌作曲、うしろに立つ少女の『スタッフロール』。スタッフロールで流れます。

ディスクシステム向けのコマンド選択式アドベンチャーとして登場したファミコン探偵倶楽部シリーズのうち、第2作目にあたる本作。前作の三年前を舞台に、丑美津高校で起きた殺人事件と、それにまつわる時効寸前の事件の、二つの謎を同時進行で解き明かしていくことになる。学校の怪談という比較的身近なテーマを取り入れつつ、登場人物同士の思惑が絡み合って最終的には意外などんでん返しへと繋がっていくさまは見事で、表現豊かなドット絵による演出の秀逸さも相まって、非常にスリリングかつドラマチックな仕上がりとなっている。後に大幅なリメイクを加えたスーファミ版や、原作に忠実に移植したGBA版、さらには原作・スーファミ版の両方がバーチャルコンソールとして配信されている。

本作の音楽を担当するのは山本健誌氏。任天堂所属の作曲家で、前作でも音楽監督を務めていたが、本作では作曲もおこなっている。前作では恐怖心を煽るようなおどろおどろしい曲調のものが多かったが、本作ではそうした路線をある程度継承しつつ、よりライトでポップな作風の楽曲も増えた。演出面とあわせて音楽の使いどころが優れていて、場面ごとに推理サスペンスにぴったりな緊張感をもたらしてくれる。サウンドトラックに関しては、任天堂サウンドヒストリーシリーズのディスクシステムレアセレクションに前作や他二作とともに本作の楽曲が収録されている。

事件が一通り解決し、最後の最後で切なすぎる真実が語られた末に流れ出すスタッフロールを彩るのがこの曲である。オカルトとヒューマンドラマが混ざり合った濃厚なシナリオをそっくりそのまま振り返るかのごとく、どこか焦燥感を煽りつつもメリハリに富んだセンセーショナルな音使いが印象的で、黒塗りの背景に白文字でスタッフの名前が綴られるだけの淡泊な映像にこそふさわしい仕上がりとなっている。この曲が流れ出す直前に、それ以前に流れていた曲を停止して効果音のみの数瞬をつくり出し、静寂をも演出の一部に組み込むことにより、ますます鑑賞し甲斐のあるエンディングたらしめている。

スーファミ版(同じく山本さんによるアレンジ)ではすこしテンポを落として音程をあげて、いろいろ新パートも追加して、全体的に歌謡曲っぽい雰囲気になっています。あわせてどうぞ。

www.youtube.com