VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#513 『Dir』(dai/うみねこのなく頃に/PC)

www.youtube.com

07th Expansionがおくる同人サウンドノベルうみねこのなく頃により、

dai作曲、『Dir』。EP4のクライマックスシーンで流れます。

ひぐらしのなく頃にで一世を風靡した同人サークル・07th Expansionによる後継作として、舞台を一新して登場した本作。大富豪の右代宮家の私有地である伊豆諸島の六軒島をめぐり、熾烈な遺産相続と怪奇的な殺人事件の真相に迫っていくことになる。典型的なクローズドサークル型のミステリーだが、魔女や魔法といったオカルトやファンタジー要素もふんだんに詰め込まれていて、不可解な謎を前に、それが魔女の仕業か人間の仕業かを見極めることが本作の肝である。本作の特徴的なシステムとして、赤文字で表示されるテキストはすべて真実である点が挙げられ、真実と虚構が交錯するなかで真相解明の大きなヒント(あるいはミスリード)となる。2007年の夏コミから2010年の冬コミにかけて、半年ごとに1エピソードずつ頒布された。

本作の音楽を担当するのはdai氏やzts氏、あきやまうに氏をはじめとする複数の作曲家たち。多くは同人音楽の分野を中心に活躍しているフリーの作曲家である。このうちdai氏は自らが代表を務める同人サークル・M.Graveyardに所属する傍ら、07th Expansionの作品にはひぐらし解から携わっていて、本作でもメインコンポーザーとして音楽総監の役目を担っている。本作では謎が謎を呼ぶドラマチックな展開にふさわしい緩急豊かな楽曲が揃っていて、エピソードごとに新曲が追加されていくなど、サウンド面が非常に充実している。

2008年の冬コミに頒布された出題編の完結作・Episode 4(Alliance of the golden witch)で初のお披露目となったこの曲は、主人公・戦人のサポートをおこなってきたグレーテルによる赤文字だらけの怒涛の告白シーンなどで流れる一曲である。物語終盤、数奇な運命に翻弄されて自暴自棄と戦意喪失に陥った戦人に対して、衝撃的な事実を明かし、熱烈な激励を送る彼女の心情を、ピアノの流麗な旋律で情熱的に表現している。高音を多用して粘り強く繰り返されるその音使いは、今まで言いたくても言えなかった鬱屈した思いを一気に解き放つようなセンセーショナルな響きに満ちている。曲名はおそらくドイツ語における二人称単数親称の与格を参考にしているものと思われ、あえて日本語訳を当てるなら「君に」といったところである。

「君に」から連想するのはやはりひぐらしの『you』(同じくdai作曲)ですかね。わざわざ紹介する必要もない気はしますが、せっかくですのであわせてお聴きください。

www.youtube.com