VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#532 『Cygnus』(阿知波大輔/ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~/PS4・NS)

www.youtube.com

ガストがおくる錬金術RPG・アトリエより、

阿知波大輔作曲、ルルアの『Cygnus』。ヴィントシュトーネ戦で流れます。

アトリエシリーズのナンバリングA20として登場した本作。直近の不思議シリーズや黄昏シリーズからさらに遡って、メルル以来実に7年ぶりとなるアーランドシリーズの最新作である。本作の主人公・エルメルリア(通称ルルア)は、アーランド1作目の主人公だったロロナの娘であり、新たに懐かしのアーランドの地で古文書を巡る大冒険を繰り広げることになる。調合システムはトトリをベースとしたシンプルな選択式のものだが、覚醒やブーストといった新要素により、かなり何でもありな代物を自由につくり出せるようになった。グラフィックはさらに美麗に正統進化し、シナリオもなかなか王道な出来栄えとなっているなど、全体的に満を持してのアーランド4作目にふさわしい手堅い仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは阿知波大輔氏、中河健氏、柳川和樹氏の三名。三名とも現在はフリーランスで活躍しているが、もともとはガストに所属していた作曲家である。アトリエシリーズとも関わりが深く、阿知波氏は初代から、中河氏はヴィオラートから、柳川氏はトトリから作曲に携わっている。アーランドシリーズに関しては、1作目(ロロナ)は中河氏が単独で、2作目(トトリ)は中河氏と柳川氏が共同で、3作目(メルル)は阿知波氏と柳川氏が共同で作曲していたが、4作目の本作にして初めて全員集合する形となった。本作では従来のアーランドらしさを残しつつ、新世代の息吹を感じさせるような力強い楽曲が多く、過去作の曲のアレンジについては、時とともに成長したキャラクター、変化したフィールドにあわせて、その移り変わりを表現した編曲がなされている。サウンドトラックは三枚組で発売されている。

メインストーリー第10章で戦うことになるヴィントシュトーネは、シュテル高地の山頂に棲む巨大な怪鳥である。常に2回攻撃を仕掛けてくるこの強敵との激闘を彩るのが、阿知波氏お得意の濃密なギターサウンドである。ピアノとコーラスによる荘厳なイントロから始まり、伴奏も主旋律も奏でるエレキギターの熱い音色が加わると、その音色が幾重にも重なって重厚な和音を生み出す。美しくも激しいシンフォニックロックの響きが、いかにも終盤のボス戦らしい極上の熱狂を漂わせていて、親友を救うためにどうしても負けることのできないこの一戦を極限まで盛り上げてくれる。

阿知波さんの記事を書いたときに最後のほうで触れた曲です。ちなみに意味は「白鳥座」。ヴィントシュトーネは全然白鳥っぽく見えませんけどね。