VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#604 『ナリガネ美術館・ランドヘル刑務所』(一之瀬剛・野原悟史/スクリューブレイカー 轟振どりるれろ/GBA)

www.youtube.com

ゲームフリークがおくる轟振動ドリルアクション・スクリューブレイカーより、

一之瀬剛・野原悟史作曲、『ナリガネ美術館・ランドヘル刑務所』(仮称)。

ナリガネ美術館とランドヘル刑務所(くるり救出後)で流れます。

ポケモンで知られるゲームフリークが開発した本作。小型ドリルロンボというロボットに乗った少女くるりが、悪の盗賊に奪われた家宝のレッドダイヤを取り戻すべく、様々な仕掛けに満ちたステージをドリルで破壊して突き進んでいく。障害物を壊すのにも敵を倒すのにも、はたまた水中を移動するのにもドリルを駆使することになり、シンプルながらも爽快感たっぷりのアクション性が魅力である。振動カートリッジを採用しているため、ドリルがもたらすバイブレーションをじかに感じることができ、ポップで豪快な世界観に思う存分浸れる仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは一之瀬剛氏と野原悟史氏。いずれもゲームフリークに所属する作曲家である。このうちおそらく作曲は一之瀬氏が、効果音は野原氏がそれぞれ手がけているものと思われる。本作ではコミカルで破天荒な作風にあわせて、非常にハイテンションでエネルギッシュな楽曲が勢揃いしていて、ポケットモンスタールビー・サファイアで聴き覚えのある音源がところどころ用いられている。サウンドトラックは未発売のため、曲名は便宜上の仮称とする。

ワールド2「ナリガネびじゅつかん」およびワールド5「ランドヘルけいむしょ」のくるり救出後(ワールド開始直後はくるりが投獄されているため)にて流れるのがこの曲である。ナリガネ美術館は月明かりに照らされたロマンチックなステージ、ランドヘル刑務所は怪しげな孤島に聳え立つ無機質なステージ、それぞれ特徴的な景観を持つが、この曲はその両方に違和感なく溶け込めるような汎用性に満ちている。エレキギターによる荒々しくも耳触りの良いメロディーラインが印象的で、高音と低音を行ったり来たりする煌びやかな伴奏が、主旋律の凛々しさを見事に引き立てている。豪快で爽快な本作の雰囲気をとてもよく反映した一曲である。

良い意味で騒がしくて、でもちょっぴり切なくもあるような音使いが何とも言えず魅力的ですね。GBA特有の絶妙にレトロチックで荒削りな音源が大好きです。せっかくなので、くるり救出前のランドヘル刑務所の曲(ドクローラー重工の秘密の地下通路でも流れる)もあわせてどうぞ。

www.youtube.com