VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#645 『パンドラ 最後の戦い』(目黒将司/Persona/PSP)

www.youtube.com

アトラスが手がけるRPG・ペルソナより、

目黒将司作曲、PSP版の『パンドラ 最後の戦い』。

セベク編のラストバトルで流れます。

ペルソナシリーズの記念すべき第1作「女神異聞録ペルソナ」のPSP版リメイクにあたる本作。ペルソナ能力に目覚めた高校生たちが次々と襲い来る異変に立ち向かっていくという基本的なゲーム性やシナリオはそのままに、苛烈だった難易度が大幅に緩和され、エンカウント率の調整やバトルテンポの高速化などに伴って全体的な遊びやすさが向上した。ムービーの追加や楽曲の刷新など、リメイクならではの新要素もすくなくない。現代に蘇るにあたり、より快適性を追求した仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは土屋憲一氏と目黒将司氏。いずれもアトラスに所属している作曲家で、原作でも青木秀仁氏や沖辺美佐紀氏とともに作曲した。前述の通り、リメイクにあたってほとんどの楽曲が差し替えられ、目黒氏は新曲を、土屋氏は編曲を、それぞれ主に手がけている。原曲をそのまま流用したものや原曲の雰囲気を残すアレンジもあるが、昨今のシリーズの路線にあわせて軒並みポップでスタイリッシュな作風に統一されていて、シリーズのなかでもだいぶ毛色の異なる本作に馴染んでいるかは判断が分かれる。サウンドトラックは先着購入特典としてのみ付属されている非売品である。

原作の『戦闘~パンドラ』(『はかなき蝶』とも、青木氏の作曲)に代わり、新たに本作のセベク編のラスボス戦で流れるのがこの曲である。クワイアやオーケストラヒットを多用した重々しげな原作の楽曲と比べ、この曲では重厚さを受け継ぎつつ、陰鬱さよりも潔さを前面に出したオーソドックスなギターサウンドに仕上がっている。エレキギターとピアノの黄金の組み合わせが奏でる緩急豊かな旋律は、1ループ1分に満たない短さながらも、決戦の機運を昂揚感たっぷりに彩ってくれる。

P5R発売記念に。スクランブルのほうの発売日も先日決まりましたね。パンドラ戦は欲を言えばせっかくなら第一形態と第二形態で原曲と新曲をそれぞれ使ってほしかった気がします。『戦闘~パンドラ』、あわせてどうぞ。

www.youtube.com