VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#655 『BGM 2』(Geoff Follin・Tim Follin/Silver Surfer/NES)

www.youtube.com

マーベルコミック「シルバーサーファー」を原作とする、

Software Creationsが手がける日本未発売のシューティング・Silver Surferより、

『BGM 2』(仮称)。縦スクロール面で流れます。

マーベルコミックを代表するコズミックヒーロー「シルバーサーファー」のゲーム化作品として登場した本作。宇宙を脅かすMagik Domainを打倒すべく、銀のサーフボードに乗ったヒーロー・Silver Surferは迫りくる敵を一掃していく。ジャンルは縦横両スクロールシューティングで、面ごとに交互に縦と横が入れ替わることになる。自機が被弾すると即死、その割に当たり判定が大きく、雑魚でも敵が硬いうえに視認性の低い障害物(もちろん触れると即死)が盛りだくさん、という大味なゲームバランスとなっているが、グラフィックと音楽はよくつくり込まれていて、激烈な難易度とともに未だに語り草になるほどである。

本作の音楽を担当するのはGeoff Follin氏とTim Follin氏。兄弟ともに当時Software Creationsに所属していたイギリス出身の作曲家である。他の担当作同様、本作でも音作りが徹底されていて、使用しているのはあくまでファミコンNES)の内蔵音源のみだが、ハードの制約をものともしない縦横無尽なサウンドが収録されている。サウンドトラックは発売されていないため、曲名は便宜上の仮称とする。

縦スクロールのステージで流れるのがこの曲である。イントロから非常に特徴的な、耳をつんざくような高音を多用したメロディーが紡がれ、小気味良くリズムを刻むドラムとあわさって、鮮やかな疾走感を醸し出す。55秒あたりで一転、チリチリと金属音が響き渡ると、続いて奏でられる旋律はノリノリな勇ましさに満ちている。そこからさらに目まぐるしく曲が展開していき、1分40秒あたりでようやくループに至る。宇宙をサーフィンする様子を大胆不敵にダイナミックに描き出した一曲である。

先に聞くということもあり、横スクロールの曲のほうも印象に残りやすいですが、個人的には縦スクロールのチリチリ後の流れが特に好きです。いずれにせよどちらも常軌を逸した出来栄えですね。『BGM 1』、『Level 1』、『Level Theme 1』、曲名が確定していない以上はいろいろ呼び名がありますが、あわせてどうぞ。

www.youtube.com