VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#663 『カッシーワのテーマ』(下村陽子/大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/NS)

www.youtube.com

ソラとバンナムがおくる対戦型アクション・スマブラより、

岩田恭明作曲・下村陽子編曲、SPの『カッシーワのテーマ』。

始まりの塔などゼルダ系のステージで流れます。

古今東西のゲームキャラが一堂に集うスマブラシリーズのうち、6作目として登場した本作。新規ファイターを追加したうえで歴代キャラ全員参戦、ステージ数も歴代最高など、今までの集大成のような大ボリュームとなっている。基本ルールの大乱闘はもちろん、全世界のプレイヤーと世界戦闘力を競い合うオンライン乱闘や、オフラインの一人用ストーリーモードの灯火の星など、長くやり込める要素が豊富に詰め込まれていて、グラフィックや演出面の強化と相まって、史上最大規模のお祭りが楽しめる仕上がりとなっている。

本作の音楽は現在までに配信されたDLCの楽曲も含めると900曲以上収録されていて、数多くのゲームの楽曲が、100名を超える数多くの作曲家の手によってアレンジされている。また、スマブラオリジナルの楽曲も、初の本格的なボーカル曲となったメインテーマをはじめかなり充実している。サウンドセクションのマネジメントはバンナム所属の中鶴潤一氏が担当していて、原曲を尊重しつつ対戦向けにアレンジするにあたって、サビや転調などの盛り上がりを重視したという。サウンドトラックは存在しないものの、本作のサウンドテストは非常によくつくり込まれていて、出典や曲名、作編曲者などを明記したうえでデフォルトで700曲以上が聴ける。

本作初登場のステージ「始まりの塔」など、ゼルダ系の各ステージで流れるのがこの曲である。カッシーワとはコンサーティーナを携えて世界各地を旅する吟遊詩人で、原作ではたびたびリンクの前に現れては古の詩を奏でてくれるが、その叙情的なメロディーを大胆に戦闘アレンジしたのがこの曲である。民族音楽のエッセンスをたっぷり詰め込んだ情熱的な旋律に、ストリングスの気品あふれる音色を加えることで、最高潮の昂揚感を醸し出す。1分12秒あたりでゼルダの伝説のメインテーマが挿入されると、新鮮なのにノスタルジックでもある絶妙な耳心地の良さを生み出し、ファイターたちを鼓舞してくれるような力強さに満ちている。

もともと好きな曲で、それをさらに下村さんにアレンジしていただけるとはなんて素敵でしょう。原曲もあわせてどうぞ。

www.youtube.com