VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#675 『MIRAGE』(椎名豪/風のクロノア2 ~世界が望んだ忘れもの~/PS2)

www.youtube.com

ナムコが手がける3Dドラマティックアクション・風のクロノアより、

椎名豪作曲、2の『MIRAGE』。忘れられた道で流れます。

風のクロノアシリーズのナンバリング2作目として登場した本作。四つの鐘により調和が保たれているルーナティアを舞台に、突如嵐の海に落ちてきた黒き旅人クロノアが、平和を脅かさんとする五つめの闇の鐘の誕生を受けて世界を救う旅に出ることになる。シンプルな操作性、バラエティ豊かなステージギミック、メリハリのあるアクションは健在で、おなじみの架空言語ファントマイル語で語られる温かみのある世界観や、副題から察せられる通りの切なげなシナリオなど、シリーズの魅力を正統に継承し強化した仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは井村絵里子氏、柿埜嘉奈子氏、境亜寿香氏、椎名豪氏、柴野浩美氏、高橋弘太氏、田島勝朗氏、増渕裕二氏の八名。いずれも当時ナムコに所属していた(井村氏~高橋氏)か今もしている(田島氏と増渕氏、現バンナム)である。このうち井村氏、柿埜氏、柴野氏、高橋氏は初代でも作曲していて、特に柴野氏は外伝のムーンライトミュージアムも手がけた。本作でもシリーズ特有の独特な幻想性を備えたヨーロピアンでファンタジックなサウンドが揃っていて、なかにはファントマイル語による歌も用意されている。サウンドトラックはボーカル曲のカラオケバージョン付きでたっぷり70曲以上収録されている。

ビジョン16、本作のラストステージ「忘れられた道 ~誰かを助けるために~」で流れるのがこの曲である。ここではフロートボードで滑走し、うねうねと蛇行したりジャンプしたりして薄暗い道を進んでいくことになる。そうしたなかで流れるこの曲は、いよいよ核心に迫っていくような神秘的かつ壮大な曲調が特徴的で、美しく透き通る笛の音を主軸に据えた力強いオーケストラサウンドは、時折挿入される不気味な笑い声とともに、使命感と焦燥感の両方を熾烈に煽る。曲の終盤、2分15秒から22秒あたりにはファントマイル語で助けを求める夢の声を取り入れることで、蜃気楼のような儚さや哀しみをも表現している。クライマックスにふさわしい幻想的な悲愴感が漂う一曲である。

とてもよく作品の雰囲気が出ているというか、世界観を重んじる姿勢がしっかり曲に反映されていますよね。