VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#680 『Nightwatcher』(Q-Mex/GO!GO!ミノン/Wii)

www.youtube.com

サクセスとレッドエンタテインメントが手がけるドミノアクション・

GO!GO!ミノンより、Q-Mexこと久米由基作曲、『Nightwatcher』。

ステージ7で流れます。

ドミノをテーマにしたアクションゲームとして登場した本作。ヘンテコなスーパーヒーロー・ミノンくんが、街の困った人を助けるべく、建物などのオブジェクトを活用して解決を目指す。依頼内容は木に引っかかった風船を取るものやアイドルのイベントを盛り上げるもの、ゴルフの接待をするものなど実に様々で、ドミノ倒しの要領で足場を確保し、ときにミノン酸なるエネルギーを消費して道なき道にドミノを発生させながら、ステージ上の指定の場所に到達することになる。Wiiリモコンを振ったり回したりという激しい操作性や荒唐無稽な世界観と相まって、独特なセンスを持つ仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは主に佐藤隆一氏で、テーマ曲や各ステージの作曲にはゲストコンポーザーとしてLEOPALDON高野政所氏とフランク重虎氏)、manzo氏、Q-Mex(久米由基)氏、TAICHI MASTER氏、藤後(togo)浩之氏、原田勝通氏、桃井はるこ氏が参加している。いずれもヒップホップやテクノ、アキバ系などのジャンルで活躍している気鋭のコンポーザーである。本作ではそれぞれの得意分野を活かしたジャンル横断的なサウンドが揃っていて、シュールな作風に見合ったボーカル曲も数多く収録されている。サウンドトラックは未発売だが、スタッフロールに佐藤氏の作曲を除く楽曲のクレジット(曲名、作編曲者、ボーカル入りの場合は歌手)が記載されている。

全8ステージ中の7つめで流れるのがこの曲である。ここではロケットを宇宙に飛ばすために必要な装置を作動させるのが目的で、発射場に向かうべく夜の街を颯爽と駆け抜けることになるが、そうしたロマンあふれるシチュエーションにあわせて、この曲はお洒落なフュージョンサウンドに仕上がっている。サックスのスタイリッシュな旋律に、ところどころ宝石のように散りばめられる美麗なピアノ、心地良くリズムを刻むパーカッションなどが重なり合うことで、エレガントでエキサイティングな雰囲気が表現されている。煌びやかな夜の美しさを疾走感たっぷりに味わわせてくれる一曲である。

本作は歌ものの印象が強いですが、インストゥルメンタルでもしっかり魅せてくれるところがさすがですね。