VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#683 『いつの日かの物語』(林茂樹/ブレイズ・ユニオン/PSP)

www.youtube.com

スティングがおくるタクティカルファンタジーRPG・ブレイズユニオンより、

林茂樹作曲、『いつの日かの物語』。オープニングで流れます。

Rivieraの系譜を継ぎ、同じ世界観を共有する作品群・Dept. Heaven Episodesシリーズのうち、ユグドラ・ユニオンのスピンオフかつ前日譚として登場した本作。古より魔竜との契約によって皇位を継承するブロンキア帝国において、新皇帝の悪政に耐え兼ねた青年ガーロットは理不尽に立ち向かうべくブレイズ義賊団を結成、やがては大きな政治変革へと繋がっていく。義賊団や私兵団を率いて戦うことになり、システム面はユグドラと基本的に変わらないが、キャラクター同士のやりとりや人間関係に重きを置くことで、よりメリハリのあるドラマ性を楽しめるようになった。シリーズ特有の重厚さを受け継ぎつつ、ユグドラの物語へとうまく橋渡しする仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは林茂樹氏。当時スティングに所属していた、D.H.Eシリーズではおなじみの作曲家である。足立美奈子氏と共作だったユグドラとは異なり、本作では単独で作曲している。剣と魔法のファンタジーものらしく、本作でも情熱あふれるオーケストラサウンドが揃っていて、敵も味方も主要なキャラクターにはそれぞれ専用の進軍・戦闘曲が用意されているなど、相変わらず楽曲まわりが充実している。サウンドトラックは林氏による楽曲解説とボーナストラック付きで発売されている。

本作のオープニングで流れるのがこの曲である。全編アニメーションによる映像とともに、個性豊かなキャラクターたちが次々と姿を現し、ときに激しく戦闘する様子も描かれる。そうした動きにあわせて、この曲は緩急自在の情緒豊かな旋律を紡いでいき、バイオリン、トランペット、ハープ、ピアノ、その他数多くの管弦楽器が力の限りの盛り上がりを見せる。1分5秒あたりでガーロット(赤髪の青年)が雨に打たれて叫ぶ映像とリンクする形でピアノソロが流れると、さらにそこから一際躍動感たっぷりに曲が展開していき、たちまち収束して有終の美を飾る。本作の物語を映像と音楽で見事に表現した出来栄えとなっている。

音楽単体としても素敵ですが、やはりこれは映像があってこそですね。ユグドラからキャラクターデザインが変わりましたが、画風の変化を良い意味で印象付けるオープニングになっていると思います。