VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#693 『鉱山町マインツ』(Falcom Sound Team jdk/英雄伝説 零の軌跡/PSP)

www.youtube.com

日本ファルコムが手がけるストーリーRPG英雄伝説より、

Falcom Sound Team jdk(宇仁菅孝宏・大崎政範・園田隼人・籾山紗希)作曲、

零の軌跡の『鉱山町マインツ』。同名の町で流れます。

英雄伝説シリーズのうち、空の軌跡の系譜を継ぐ軌跡シリーズの4作目として登場した本作。光と闇が混在する魔都・クロスベル自治州を舞台に、新米捜査官ロイド・バニングスら4人の若者が、クロスベル警察の特務支援課として数々の困難に直面し、壁を乗り越えていくことになる。前作の三部作から舞台とキャラを一新しているが、基本的な戦闘システムやシナリオの堅実さは健在で、メインストーリー以外にも市民の依頼を受ける支援要請や料理、釣りといった寄り道要素も多く詰め込まれている。後にフルボイス化や新規ムービーを搭載したPSVita版のEvolutionが発売された。

本作の音楽を担当するのはおなじみFalcom Sound Team jdkの面々。具体的には宇仁菅孝宏氏、大崎政範氏、園田隼人氏、籾山紗希氏の四名で、一部編曲に神藤由東大氏も携わっているとのことである。また、Evoでは全曲フルアレンジされていて、そちらの編曲には神藤氏をはじめ、上倉紀行氏、佐藤亘氏、浜崎州平(N.G.Fellowship)氏らが手がけている。オーソドックスな成長物語にあわせて、本作でも情熱的なものから悲壮的なものまで種々様々なRPGサウンドが揃っている。サウンドトラックはオリジナル音源、Evo音源、それとはまた別の人気曲をセレクトしたスーパーアレンジ音源(編曲はすべて神藤氏による)の三種類が存在する。

マインツ自治州北西の山岳地帯に位置する鉱山町で、物語の序盤のほうで訪れることになるが、そこで流れるのがこの曲である。終始穏やかな雰囲気を醸すアコースティックギターの音色が印象的で、その優しく物憂げな旋律は、ひたすら哀愁と郷愁を誘うような耳心地の良さにあふれている。こぢんまりとした素朴さを保ちつつ、サビではしっかりと盛り上がり、傷心を癒してくれるような温もりに満ちている。Evoではパーカッションパートが大幅に追加されたほか、サビのあたりでピアノが挿入され、より情緒的な色味を帯びたアレンジに仕上がっている。

先日、移植と新作の発表があったと聞いて。不確定情報ですがこれは籾山さんの作曲だそう。Evo音源もあわせてどうぞ。

www.youtube.com