VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#697 『Evans』(DJ YOSHITAKA/jubeat/AC)

www.youtube.com

コナミが手がける音楽ゲームjubeatより、

DJ YOSHITAKA作曲、『Evans』。アップデートで追加された隠し収録曲の一つ。

BEMANIシリーズのうち、2008年に稼働を開始して以来続いているjubeatシリーズ。立方体で構成された筐体が特徴で、手元に配置された4×4のパネルを、マーカーの出現に応じてリズムにあわせてタイミングよくタッチしていく。店舗内のみならず全国のプレイヤーと最大4人まで同時対戦することが可能で、単に腕を競い合いだけでなく、自分がクリア条件を満たせなくても対戦相手がクリアできていれば救出してもらえる仕組みとなっている。以降もシリーズ化され、バージョンアップのたびに新要素や新曲が多く盛り込まている。

本作では稼働開始当時は51曲、アップデートで8曲追加されて全59曲が収録されている。このうちコナミオリジナルは初期12曲、アップデート後は他機種からの移植4曲プラス本作初出の新曲4曲、あわせて20曲である。BEMANIシリーズとしてはメジャーアーティストによる版権曲の割合が多く、毛色の異なる選曲となっている。オリジナル曲については、本作のサウンドディレクターであり、当時コナミに所属していた泉陸奥彦氏を中心に、中村康三氏や96(黒沢大佑)氏など、特にギタドラシリーズで活躍していたコンポーザーが少数ながら作曲している。サウンドトラックは本作初出の曲およびシステムBGMをまとめて収録したものが発売されている。

2008年12月の大型アップデートで追加された最後の解禁曲(特定の楽曲をオンラインモードでクリアすると出現する)のうち、飛び抜けて難易度が高いことで知られるのがこの曲である。他機種に移植された際のジャンル名は〈HARD RENAISSANCE〉で、全編ハードコア系のトランスミュージックに仕上がっている。急流のように押し寄せる疾走感たっぷりの旋律が印象的で、その凄まじい勢いのなかに深い哀愁が見事に溶け込んでいる。譜面に関しては、サビ直前にぐるりと四方を高速で回る大回転地帯をはじめ、俗に発狂と呼ばれる乱打の多さから、現在に至るまで最難関曲としての名声をほしいままにしている。初登場以来、未だに衰えることのない強烈な存在感を放ち続ける一曲である。

なんとなく年末年始っぽいイメージのある曲です。アレンジはいろいろあるのですが、どれがいいかな……アレンジではなく雛型の『Evans -prototype-』にしましょう。すこし重めな、今のとはまた違った魅力のあるプロトタイプ版です。あわせてどうぞ。

www.youtube.com