VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#840 『FAITH』(三武亜紗美/真・三國無双 英傑伝/PS3・PS4・PSV)

www.youtube.com

コーエーテクモがおくるシミュレーションRPG・真三國無双英傑伝より、

三武亜紗美作曲、『FAITH』。趙雲と雷斌の一騎打ちで流れます。

真・三國無双シリーズのうち、15周年記念作で初となるシミュレーションRPGとして登場した本作。中国の後漢末期、後に蜀の英雄となる若武者・趙雲は、歴史好きの幼馴染・雷斌と一緒に訪れた未知の祠で、氷柱のなかに眠る少女・黎霞と出会い、乱世をともに生き抜くことになる。雷斌や黎霞をはじめ、オリジナルキャラを多数交えたファンタジー風の三國志の世界観が特徴で、ステージクリア型のオーソドックスなターン制SLGと、共鳴ゲージを溜めて連携攻撃を仕掛けて複数の敵を一気に攻め落とす一騎当千のスタイルが融合している。全体的に緩めの難易度で、従来のタクティカルアクションから大胆にジャンルを変更しつつ、無双らしさを受け継いだ仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは木下洋介氏、小池雅人氏、豊田亜矢子氏、増岡郷太氏、三武亜紗美氏。いずれもコーエーテクモに所属する作曲家で、真・三國無双シリーズには小池氏は4から、木下氏は7から参加している。シリーズ初参戦となる残りの三名のうち、豊田氏(合併前のテクモ出身でキャリアが長い)は広義の無双シリーズとしてOROCHI2 Ultimate以降での作曲経験がある。本作ではいつものハードロックに、ファンタジーらしい気品あふれるオーケストラを加えたハイブリッドなサウンドが揃っている。サウンドトラックは限定盤に付属されているほか、各種オンラインストアでダウンロード配信されている。

本作オリジナルの趙雲の幼馴染として、物語終盤、物を言わずに離脱した雷斌との再会と一騎打ちのシナリオ「許されざる者」で流れるのがこの曲である。憂いに満ちたピアノの音色が奏でるセンチメンタルな旋律が印象的で、穏やかな曲調ながら胸騒ぎを起こさせるような、悲痛な美しさにあふれている。張り詰めた空気感を漂わせながらピアノに寄り添うストリングスの伴奏が、主旋律の美しさと悲しさを鮮やかに引き立てる。曲後半、盛り上がりがピークを迎えた1分50秒あたりで伴奏が途絶え、ピアノの独奏が紡がれると、メランコリックな余韻を保ちながらループへと突入する。親友同士の望まれぬ決戦を彩るにふさわしい、ドラマチックなメリハリを誇る一曲である。

先日新作の発表がありましたね。一騎打ちと言っても偶像として無数の分身が現れるので、包囲戦に近いシチュエーションです。クライマックス感がよく出ていて素敵です。