VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#850 『Go on a mission』(細江慎治・安井洋介/アンダーディフィートHD/PS3・X360)

www.youtube.com

グレフがおくる縦スクロールシューティング・アンダーディフィートより、

細江慎治・安井洋介作曲、HDの『Go on a mission』。

ニューオーダーモードの2面で流れます。

2005年に稼働開始したグレフのミリタリー縦STG・アンデフのHD移植版にあたる本作。大陸を二分する帝国と連邦の戦争が泥沼化するなかで、迫る停戦期日を前に両陣営とも次々と新兵器が実戦投入して、熾烈で不毛な争いを繰り広げることになる。アーケード版のゲーム性はそのままに、グラフィックがHD化されたことにより、原作の時点ですでに恐ろしいほどつくり込まれていた爆風や煙などの描写が、いっそうリアルな質感を帯びるようになった。また、新要素として16:9の横画面に対応したニューオーダーモードが追加され、画面構成にあわせて敵の配置や攻撃パターンが調整されている。後に本作をベースに再アーケード化したHD+が登場した。

本作の音楽を担当するのは細江慎治氏と安井洋介氏。当時、音楽制作会社スーパースィープに所属していた作曲家である(細江氏は現在も代表を務めている)。アーケード原作では細江氏のみの担当だったが、HD版の追加曲の作・編曲について、安井氏も共同で手がけるようになった。ニューオーダーモードでは面ごとに新曲が用意されていて、道中とボス戦で曲が分かれているアーケードモードとは異なり、こちらは最終面を除き、道中もボス戦も同じ曲が流れ続ける仕組みとなっている。追加曲に関しては限定版付属のサウンドトラックに収録されている。

2面「BATTLE SHIP」の道中・ボス戦ともに流れるのがこの曲である。原作の2面曲『Toward a mistake』同様、エレキギターと電子音とが高度に融合した味わい深いロックナンバーで、取り立てて速くもなければ遅くもない、ちょうどよいミドルテンポで曲が進行する。軍港を爆撃し、戦艦と衝突し、閃光や黒煙が充満する戦場を彩るにしては、やや穏やかな印象だが、爆発の豪快な効果音に耳を傾けながら粛々と任務を実行するストイックな感覚がよく出ている。「任務に赴く」という飾り気のない曲名に似合った、淡泊だけど芯のある一曲である。

初見(初聞き?)の瞬発力、キャッチーさで言うと、1面の『Don't look back!』や5面の『Never say die』には敵いませんが、これは長く聴けば聴くほど嵌る感じですね。『Toward a mistake』、それからせっかくなので『Don't look back!』、『Never say die』も、あわせてお聴きください。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com