VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#914 『艶花の国』(Revo/ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー/3DS)

www.youtube.com

スクエニシリコンスタジオがおくるRPGブレイブリーデフォルトより、

Revo作曲、『艶花の国』。フロウエルで流れます。

光の4戦士(FF外伝)の開発スタッフによる完全新作として登場した本作。四つのクリスタルを司る世界・ルクセンダルクを舞台に、突如として大穴が空き、故郷と弟をなくした少年・ティズは、風のクリスタルの巫女・アニエスと出会い、各地で相次ぐ異変に立ち向かううち、世界の在り方を揺るがす陰謀の渦中に巻き込まれていく。ファンタジー調のオーソドックスな雰囲気が特徴で、戦闘もスタンダードなターン制コマンドバトルだが、BP(デフォルト=防御で溜まり、ブレイブ=ターン追加で消費する)次第で1ターンにつき最大4回行動できる、スピーディーかつ戦略的なシステムを採用している。加えて計24種類のジョブチェンジシステム、アビリティの組み合わせなど、育成の自由度を高める要素が充実している。一見、王道を地で征くような作風ながらも、かなり癖のあるシナリオと相まって密度の濃い仕上がりとなっている。後に追加要素や調整を施した完全版(フォーザ・シークウェル)が発売された。

本作の音楽を担当するのはRevo氏。音楽ユニット・Sound HorizonおよびLinked Horizonの主宰で、「物語音楽」と称して楽曲に物語性を持たせ、アルバム全体を統一的なコンセプトで構成する独自の音楽スタイルで知られる。ゲーム音楽を丸ごと手がけるのは本作が初めてで、ファンタジーの世界観に沿った壮大なオーケストラ&ロックを主軸に据えつつ、どこかケレン味があるような、独特な捻りの効いた楽曲も含まれる。サウンドトラックは主題歌も含めて収録された通常盤のほか、一部楽曲に歌詞を載せたボーカライズ盤も存在する。

艶花の国フロウエルで流れるのがこの曲である。水のクリスタルを管轄し、女性のみが定住の権利を得られるという特殊な国で、美しさと禍々しさが入り混じった歓楽の地である。そこで流れるこの曲は、ギターとバイオリンの華やかな合奏が印象的で、さながらカーニバルのサンバミュージックを思わせるような派手な空気感を生み出す。踊り狂うような絢爛さを漂わせつつ、その旋律はどこか不穏で湿っぽいな響きを帯びている。56秒でサビに達すると、あふれんばかりの美しさとともに、胸騒ぎを誘うような蠱惑的な妖しさをも漂わせる。妖艶という表現がよく似合う一曲である。

2の発売記念に。曲そのものの魔術的な訴求力に加えて、街並みやそこで繰り広げられる物語、そういうシチュエーション全般に音楽がすごくよく馴染んでいますね。