VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#338 『V3議論 -SCRUM-』(高田雅史/ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期/PS4・PSV)

www.youtube.com

スパイクチュンソフトがおくるハイスピード推理アクション・ダンガンロンパより、

高田雅史作曲、V3の『V3議論 -SCRUM-』。議論スクラムの際に流れます。

学園に閉じ込められた生徒たちが、生き残りをかけてデスゲームを繰り広げるダンガンロンパシリーズのナンバリング3作目にあたる本作。ギフテット制度により集められた超高校級の16人の生徒たちは、謎のぬいぐるみ・モノクマとその子分・モノクマーズが支配する才囚学園で、コロシアイに励むことになる。サイコクールをテーマに、それまでの世界観を一新し、新たな舞台、新たな登場人物、新たなシステムを取り入れている。あえて嘘を吐いて矛盾のない発言すら論破する偽証や、2チームに分かれて意見をぶつけ合う議論スクラムなどが特徴的で、とりわけ終盤にかけてのシナリオの癖が非常に強く、激しいセンセーションを巻き起こすほどの仕上がりとなっている。

本作の音楽を担当するのは高田雅史氏。ダンガンロンパシリーズおなじみの作曲家で、本作においても全曲を単独で作曲している。新章突入という節目を迎えた本作では、サイコクールというテーマに沿って、よりいっそうスタイリッシュさに磨きをかけた楽曲が多く、既存曲の大胆なアレンジも大きな見どころである。サウンドトラックはシロとクロで二種類あり、ぜんぶで100曲以上、CDは計5枚にも及ぶことからも、音楽に対する並々ならぬこだわりを窺わせる。

前述の通り、本作で新たに導入された議論スクラムは、学級裁判において生徒たちの意見が真っ二つに割れた際に発生するイベントで、一見噛み合っていないように感じられる両陣営の発言の話題を擦り合わせていくことを目的とする。そうした特殊な場面で流れるこの曲は、サイケデリックな浮遊感にあふれるアシッド・ハウス調の一曲である。過剰なほどに同じフレーズをのべつ繰り返すことで、聴く者を忘我の境に否応なく引きずり込み、浮世離れした得難い多幸感へと誘う。脳に直接訴えかけるような鮮烈な音使いが、集中力と推理力を極限まで引き出し、絶え間ない昂揚感に苛まれつつも、複雑に絡み合った議論を冷静な見地から見極めることを可能にする。

高田さんのつくる曲はこのままずっと聴き入りたくなるような中毒性が高いものが多いですよね。ダンロンの作風にぴったりですね。