VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#631 『A Total War』(海田明里/ロックマンエグゼ5 チーム オブ ブルース/チーム オブ カーネル/GBA)

www.youtube.com

カプコンがおくるデータアクションRPGロックマンエグゼより、

海田明里作曲、5の『A Total War』。

ファクトリーの電脳およびココロサーバーの電脳で流れます。

ロックマンの派生シリーズ・エグゼのナンバリング5作目として、発売日は異なる(カーネル版がブルース版より3ヶ月遅れた)ものの2バージョンで登場した本作。悪の組織ネビュラに乗っ取られたインターネットを解放すべく、ブルースあるいはカーネル率いるチームに所属して事件を解決していく。占領されたインターネットエリアを取り戻すには、ロックマンのみならず他のナビたちも操作して、リベレートミッションなるターン制シミュレーション風のチーム戦を勝ち抜くことになる。バージョンの違いはチームメンバーが異なるほか、ストーリーの細部、特にクライマックスに変化があり、後に両バージョンを統合した完全版のツインリーダーズがDS向けに登場した。

本作の音楽を担当するのは海田明里氏。当時カプコンに所属していた作曲家で、ロックマンエグゼシリーズには初代(単独)と4.5(堀山俊彦氏と共作)に参加している。また、DS版の編曲は高野充彦氏が手がけている。本作でもシリーズの例に漏れずサイバーチックなエレクトロニックサウンドが揃っていて、原曲のGBA音源もアレンジのDS音源もどちらもハードの特性を活かした聴き応えのある仕上がりとなっている。サウンドトラックは本作単体では存在しないが、4~5を収録した音楽大全集や5DSと6を収録した音楽大事典が発売されている。

ネビュラの本拠地たるファクトリーの電脳と、その先でプラグインできるココロサーバーの電脳で流れるのがこの曲である。いわゆるラストダンジョンにあたる電脳空間であり、イントロからしてすでに、その悲愴感あふれる旋律と、緊張感あふれるアルペジオの伴奏とが相まって、最高潮の盛り上がりを見せてくれる。どこまでも鮮やかに響き渡る高音と、ソリッドな重厚感を漂わせる低音の組み合わせが、リズミカルなパーカッションとあわさって、最後の戦いに向けての士気をさらに格段と高めていき、まさに曲名が意味するところの総力戦にふさわしい力強さを誇る。

DS版は軽快でポップな色合いが強まった印象で、GBA版の直球な情熱と比べて、静かに闘志が燃えるようなイメージです。あわせてどうぞ。

www.youtube.com