VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#256 『Battle Against a True Hero』(Toby Fox/Undertale/PC)

www.youtube.com

世界中を震撼させた、誰も死ななくていいやさしいRPG・Undertaleより、

Toby Fox作曲、『Battle Against a True Hero』。Undyne the Undying戦の曲。

2015年に登場して以来、インディーゲームとして空前絶後の大ヒットを飛ばした本作。選択次第で敵を一切倒すことなく進行できるが、問答無用でやっつけることも可能なゲーム性は、メタ要素の多さも相まって、従来のRPGの在り方をも覆す意欲作として多くのプレイヤーに衝撃を与えた。配信から二年あまりは公式の日本語版はなかった(非公式パッチは存在していた)が、PS4やVitaへの移植を通じてローカライズの環境が整備され、このたび配信開始3周年を迎えてスイッチにも発売されることとなった。

本作の音楽を担当するのはToby Fox氏。氏は作曲のみならずシナリオもプログラミングもゲームデザインも、端的に言えばゲーム制作のすべてをほぼ一人でこなしている。本作の楽曲はレトロなグラフィックに合わせてチップチューン調のものが中心で、総曲数は100を超えるほど豊富である。いずれも作中のシチュエーションや演出にぴたりとはまるよう工夫が凝らされていて、好評を博している。

本作の分岐のうちもっとも難易度が高いとされる、通称Gルートにて立ちはだかるUndyne the Undyingとの戦いで流れるのがこの曲である。Undyneは王国騎士団の団長を務める勇敢な女騎士で、過去にニンゲンとモンスターとの間で勃発した戦争でモンスター陣営が敗北したことを受けて、ニンゲンに深い憎しみを抱いている。彼女にとってこの戦いにはどうしても負けるわけにはいかない事情があり、その決意の強さを反映するかのように、静かなピアノイントロに始まり、徐々に疾走感を増していく曲調からは、不屈の闘志を彷彿させる。ストリングスで一連のメロディーラインを奏で終えると、後半ではそれまでの四拍子から三拍子へと変更し、主旋律は今度はトランペットへとバトンタッチすることで、あの手この手で必死に勝利を追求する彼女の姿が印象付けられる。

スイッチ発売記念で紹介してみました。この安っぽい(いい意味で)トランペットがとても東方チックですよね。