VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#381 『ORIGIN』(TAMAYO/レイストーム/AC)

www.youtube.com

タイトーがおくる縦スクロールシューティング・レイストームより、

TAMAYOこと河本圭代作曲、『ORIGIN』。コイン投入時のセレクト画面で流れます。

戦略性あふれるシステムと斬新な作風でシューターたちを魅了したレイフォースの続編として、1996年に登場した本作。本作は前作とはストーリー上の直接の繋がりはないパラレルワールドを描いているが、システムの大半を踏襲していて、追加要素としてロックオンレーザーの性能が向上し、スペシャルアタック(いわゆる緊急回避)が導入されるようになった。また、グラフィックは前作ですでにかなりの高水準だったが、本作ではドット絵からポリゴンに移行したことで疑似的な3D表現がなされていて、今なお見劣りしない美しさを誇る。

本作の音楽を担当するのはTAMAYOこと河本圭代氏。当時タイトーに所属していた作曲家で、同社のサウンドチーム・ZUNTATAのメンバーだった。氏はレイフォースレイストーム、そして後に登場するレイクライシスのレイ三部作をすべて単独で作曲していて、ハードSF調の高度に練り込まれた世界観にふさわしいフューチャリスティックなサウンドは聴く者を圧倒する。本作がPSに移植された際には、新たにエクストラ・モード用にNeu Tanz Mix(ノイ・タンツ・ミックス、いわゆるEDMアレンジ)が収録され、こちらも氏のセルフアレンジとなっている。

コインを投入していざゲームを開始しようとしたとき、1P、2Pのいずれかを選択してプレイすることになるが、その際のセレクト画面で流れるのがこの曲である。本来なら一瞬で次の画面に移るであろう、そうした場面でこのエレガントなピアノ曲を入れることで、一気にプレイヤーの心を作品世界の内部に引き込み、没入感たっぷりな雰囲気を醸し出す。矢継ぎ早に奏でられるピアノの滑らかで麗しげな旋律は、途方もなく奥深い本作の世界観を華麗に描き出し、さながら万華鏡を覗き込んだときに得られるような、幻想的で不可思議な感覚を呼び醒ます。

Neu Tanz Mixのほうはがらりと雰囲気が変わりまして、ニカっぽい仕上がりです。単曲だと探せなかったので、アレンジをぜんぶまとめた以下の動画をどうぞ。3分9秒~7分3秒です。