VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#018 『テルルタウン(秋)』(景山将太/ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT/WiiU)

www.youtube.com

株ポケとバンナムがおくるポケモンアクションバトル・ポッ拳より、

景山将太作曲、WiiU版の『テルルタウン(秋)』。同名の対戦ステージで流れます。

ポケモンシリーズ初の本格的な格闘ゲームとして登場した本作。通常のポケモンバトルとは一味違う1対1の格闘技・フェルムバトルで、トレーナーとポケモンが一体となって最強を目指すことになる。もともとはアーケードのタイトルとして発表され、後に追加要素を加えてWiiUとスイッチにも移植されたが、本作では本家シリーズとは一線を画する、立体的でリアル志向なグラフィックで描かれたポケモンたちが特徴で、派手な技エフェクトや豪快な必殺技など、対戦を盛り上げる仕掛けがふんだんに詰め込まれている。

本作の音楽を担当するのは井上拓氏、景山将太氏、川田宏行氏、北谷光浩氏、佐藤貴文氏、杉本雄氏、トリ音氏、橋本大樹氏、濱本理央氏、平井克明氏の総勢十名。このうちフリーランスのゲストコンポーザーである景山氏を除くメンバーはいずれも当時バンナムに所属していたか今も所属している作曲家たちである。ポケモンシリーズよりも鉄拳シリーズに寄せたシャープでスピーディーな楽曲が多く用意されていて、複数の作曲家たちによる種々様々なサウンドが試合の緊張感を高めてくれる。サウンドトラックは未発売だが、こと景山氏の担当分に関しては氏のホームページで曲名とともに明かされている。

テルルタウンは初期の段階から使用可能なステージで、青々と自然の生い茂る山間の村である。対するテルルタウン(秋)はWiiU版で新規に追加されたテルルタウンの差分であり、それぞれ別の曲が用意されていが、この曲は後者、秋色に染まったバトルフィールドを華麗に彩る一曲である。深みとコクのあるフィドルの速弾きが醸し出す豊穣の予感に、田舎町特有の清涼とすこしの哀愁、全編にわたって貫かれる民族調の旋律は、通常時のテルルタウンの曲と同様の空気を漂わせつつも、別個の曲として並々ならぬ存在感を放っている。通常時の曲では抑え気味の民族的な部分を強調することにより、山間という隔離された立地の寂寥感をうまく表現していて、絶妙な昂揚感を煽ってくれる。

通常時のテルルタウンのほうは、どなたが作曲されたかは判明していませんが、爽やかで晴れやかな雰囲気の曲です。あわせてどうぞ。

www.youtube.com