VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#018 『テルルタウン(秋)』(景山将太/ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT/WiiU)

www.youtube.com

ポケモンシリーズ初の本格的な格闘ゲームポッ拳より、

景山将太氏による『テルルタウン(秋)』。同名の対戦ステージで流れます。

ポケモンバトルとは一味違う格闘技、フェルムバトル。もともとはアーケードのタイトルとして発表され、のちにWiiUとスイッチでも発売されるようになった本作の最大の特徴は、本家シリーズとは一線を画する、立体的で上質なグラフィックで描かれたポケモンたちの凛々しい勇姿である。派手な技エフェクトや豪快な必殺技に加え、複数の作曲家たちによる種々様々なサウンドが試合の緊張感を高める。

テルルタウンは初期の段階から使用可能なステージで、青々と自然の生い茂る山間の村である。対するテルルタウン(秋)はWiiU版で新規に追加されたテルルタウンの差分であり、それぞれ別の曲が用意されている。今回紹介するのは後者、秋色に染まったバトルフィールドを華麗に彩る一曲である。

深みとコクのあるフィドルの速弾きが醸し出す豊穣の予感に、田舎町特有の清涼とすこしの哀愁、全編にわたって貫かれる民族調の旋律は、通常時のテルルタウンの曲と同様の空気を漂わせつつも、別個の曲として成立している。通常時の曲では抑え気味の民族的な部分を強調することにより、山間という隔離された立地において、そこに否応なく訪れるであろう厳しい冬を想起させる。

個人的には景山さんのつくる曲のうち、民族調のものとシリアス系の、ともすればダークファンタジー寄りの楽曲が好きですね。以下、参考までに通常時のテルルタウンの曲です。

www.youtube.com