VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#023 『prime #7』(坂本英城/無限回廊/PSP)

www.youtube.com

錯視を題材にしたパズルゲーム・無限回廊より、

坂本英城作曲の『prime #7』。ゲーム中でランダム再生される曲のうちのひとつ。

さながら騙し絵のようなソリッドな世界を舞台に、色を排したモノクロのパズルを解いていく本作。ステージを回転させながらキャストと呼ばれる動く人形を操り、目の錯覚をうまく使いこなしてクリアを目指していく。主観的移動・着地・存在・不在・跳躍といった五つの錯視を状況に応じて使い分け、五分という限られた制限時間をいかに過ごすかが鍵となる。

徹底したモノトーンさに、視点を変えることによって新たな道が開けるという味わい深さが加わり、そこにさらに二本のバイオリン、ビオラ、チェロが奏でる優雅でアンニュイな弦楽四重奏が、色なき世界を鮮やかに彩る。クラシック調の格式高いサウンドは集中力を高めるにはうってつけで、数式を解くような独特な快感をもたらすパズルゲームにふさわしい仕上がりとなっている。

数学らしさから着想を得て、素数をモチーフにつくられたサウンドのうち、四番目の素数を題名に冠するこの曲は、とりわけ最初の無伴奏バイオリンが特徴的で、隣り合う音を階段のように上り下りするイントロは、本作の題名にさえ通ずるところがある。そのあとに続くアルペジオ、そしてやおら登場するビオラ、チェロ、セカンドバイオリンは、ときに仲良く和音を奏で、ときに競い合うかのごとく追いかけっこをはじめ、色彩豊かに絡み合う音色が洗練された雰囲気を醸し出す。

この曲を背景に、紅茶を嗜みゆっくり読書をする、なんて理想的ですね。