VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#038 『翼を持った少年』(神藤由東大/イース -フェルガナの誓い-/PC)

www.youtube.com

日本ファルコムイースシリーズより、3作目のリメイク・フェルガナの誓いから、

古代祐三作曲・石川三恵子編曲・神藤由東大再編曲の『翼を持った少年』。

フェルガナ地方全域で流れるフィールド曲です。

非常に多くの機種に移植され、その都度魅力的なアレンジが加わる本作。石川三恵子氏がすべての曲を担当し、機種が変わる度に複数の作曲家たちがその媒体に合った編曲をつくりあげるため、音楽の評価は極めて高い。そのなかでもこの曲は、初代イースの『Theme of Adol(Adoll/Adoruとも)』という古代氏が作曲した未使用曲のアレンジであり、リメイクに伴ってさらにアレンジされたものが、このストリングスの生音を駆使した音源になっている。

89年に発売された原作は、1作目と2作目とは世界観こそ共有するものの、WANDERERS FROM Ysという題からも窺える通り、イースシリーズの外伝的な立ち位置にあった。移植後にイースIIIという名称を与えられ、さらにWindowsPSP向けにフェルガナの誓いと改題されるにあたって三作目としての立場を確立していった。特に現代風に爽快感とスピード感を追求した本作は、プレイを情熱的に彩るサウンドも相まって上質なリメイクである。

機種間で聞き比べるだけでも発見の多いイースシリーズの楽曲でとりわけこの曲は、本作においてバイオリンを主旋律に据えたことから格調高い仕上がりとなっている。特徴的なイントロを迫力十分に、かつ仰々しさを感じさせない絶妙な塩梅で繰り出し、後ろのパーカッションも爽やかなバイオリンの音色を引き立てるに十分なインパクトを持ち合わせている。途中、オクターブを下げて奏でられる渋い低音は、そのあとに駆け上がるように高音へと移行し、見事な解放感を演出している。

まさにこれぞファルコム、といった感じの音使いですね。youtubeには機種間の聞き比べメドレーがたくさん投稿されているのでよろしければそちらもぜひ。