VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#047 『メインテーマ』(下村陽子/ゼノブレイド/Wii)

www.youtube.com

巨神と機神、二つの神の骸を旅するオープンワールドRPGゼノブレイドより、

下村陽子作曲・成田勤編曲の『メインテーマ』。タイトル画面の曲。

ゼノという名を冠しながらも、過去のゼノシリーズとはほとんど共通点のない本作。神の骸をゆくという独創的な設定、広大で自然豊かなフィールド、そこに暮らす人間と機械の壮絶な戦いの物語が、見事に絡み合うことで一つの大作として洗練された仕上がりとなっている。充実したやり込み要素と戦略性に富む戦闘システムにより、つい寄り道したくなる自由度の高さが魅力である。

本作の楽曲を担当するのは下村陽子氏、清田愛未氏に加え、工藤ともり氏とCHiCO氏によるユニット・ACEに平松建治氏が期間限定で参加したACE+という構成で、エンディングテーマのみ光田康典氏の作曲となっている。成田勤氏は主に弦アレンジを担当し、大勢の作曲家が一堂に会するなか、作品の世界観に沿った楽曲群は軒並み好評を博している。そのなかでもとりわけ異彩を放つのはタイトル画面で流れるこの曲である。

物憂げなピアノイントロから始まり、しっとりと奏でられる静謐なメロディは、盛り上がるにつれ音数が増えることで重厚感を増していく。笛の音の背景でリズムを刻む印象的なピッチカートは、静けさのなかに確固たる壮大さを演出し、続くストリングスの閑雅で艶麗な旋律は、メインテーマにふさわしい叙情的な美しさを誇る。本作におけるキーアイテム・モナドの剣が草原に刺さったまま、昼から夜へと姿を変えていくタイトル画面の映像は、時の流れという抗えぬ運命の残酷さと儚さを、音楽とともに厳かに彩る。

ゼノブレイド2をクリアした記念に。初めてタイトル画面でこの曲を聴いたとき、手が止まってゲームを始めるタイミングを見失いそうになりました。