VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を隔日更新で紹介します。

#047 『メインテーマ』(下村陽子/ゼノブレイド/Wii)

www.youtube.com

モノリスソフトがおくるオープンワールドRPGゼノブレイドより、

下村陽子作曲・成田勤編曲の『メインテーマ』。タイトル画面で流れます。

ゼノギアスゼノサーガシリーズで知られるモノリスソフトの高橋哲也氏が総監督を務めた本作。ゼノという名を冠しながら過去のシリーズとはほとんど共通点がなく、世界観が一新されている点が特徴で、大昔の大戦で散ったとされる二柱の神の骸の上に築かれた世界を舞台に、成り行きで神剣モナドを手にした人間族(ホムス)の青年・シュルクは、ホムスと機械生命体・機神兵との因縁と戦争に巻き込まれていくことになる。壮大かつ重厚なシナリオ、広大で自然豊かなフィールド、仲間との連携や未来視という特殊な要素を組み込んだ戦略的な戦闘システムとが相まって、隅々まで冒険し甲斐のある仕上がりとなっている。後にNew3DSにも移植された。

本作の楽曲を担当するのは下村陽子氏、清田愛未氏に加え、工藤ともり氏とCHiCO氏によるユニット・ACEに平松建治氏が期間限定で参加したACE+という構成で、エンディングテーマのみ光田康典氏の作曲となっている。また、編曲のみの参加で成田勤氏が弦アレンジを担当している。大勢の作曲家が一堂に会するなか、本作ではその世界観に見合った豪華なオーケストラサウンドが多く、戦闘曲では一転してエレキギターを利かせたロックサウンドが揃っているなど、場面ごとにバラエティ豊かな楽曲を堪能できる。サウンドトラックは通常版のほか、New3DSの移植の際に早期購入者特典としてミニサントラが付属されている。

タイトル画面にて流れるのがこの曲である。物憂げなピアノイントロから始まり、しっとりと奏でられる静謐なメロディーは、盛り上がるにつれ、だんだんと音数や楽器が増えることで重厚感を増していく。笛の音の背景でリズムを刻む印象的なピッチカートは、静けさのなかに確固たる壮大さを演出し、続くストリングスの閑雅で艶麗な旋律は、メインテーマにふさわしい叙情的な美しさを誇る。本作におけるキーアイテム・モナドの剣が草原に刺さったまま、昼から夜へと姿を変えていくタイトル画面の映像は、時の流れという抗えぬ運命の残酷さと儚さを、音楽とともに厳かに彩る。

ゼノブレイド2をクリアした記念に。初めてタイトル画面でこの曲を聴いたとき、手が止まってゲームを始めるタイミングを見失いそうになりました。