VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#080 『Counterattack』(平松建治/ゼノブレイド2/NS)

www.youtube.com

死に絶えんとする巨神獣の上で暮らす人々の宿命を描いたゼノブレイド2より、

平松建治作曲、『Counterattack』。イベントシーンで頻繁に流れます。

世界樹を中心に広がる雲海、雲海に浮かぶ巨神獣と呼ばれる生き物たち。そこに住まう少年少女の冒険と戦の旅を描き出した本作は、前作と直接的な繋がりは見られないものの、一部世界観を共有したつくりになっている。リアル寄りなグラフィックからアニメ調のキャラクターデザインになり、ブレイド同調というシステムにより大量のサブキャラクターが登場したことで、前作とは異なる雰囲気を醸し出しつつも、探索し甲斐のある広大なフィールド、戦略性に富んだ戦闘システム、壮絶で王道を極めたシナリオなど、受け継ぐべきところはしっかりと受け継いでいる。

本作の楽曲を担当するのは前作から下村陽子氏を除いたメンバー。特に光田康典氏は前作ではエンディングのみの作曲だったが、本作ではエンディングも含め数多くの曲を担当した。ACE+の名義でACE(工藤ともり氏・CHiCO氏)に一時的に加入していた平松建治氏も続投で、本作では単独で曲づくりに挑戦している。前作で好評だった音楽のノウハウをフルに活用し、新たに世に送り出された楽曲群は、どれも真っすぐで直球勝負の良曲揃いである。

イベントシーンで激戦を繰り広げる主人公たちの勇姿に合わせて流れるこの曲は、ムービーとのシンクロ度合いも相まって非常に盛り上がる仕上がりになっている。エレキギターの熱く滴る旋律と、悲壮感漂うストリングスが奏でるメロディとのアンサンブルが、ピアノとアコースティックギターの情緒的な伴奏の上を颯爽と駆け抜けるさまは、絶対に負けられないという主人公たちの思いを力強く表現している。音程をあげて最後にサビをもう一度繰り返すことにより、さらなる感情の起伏を描写している。使われている楽器や曲調から、前作における同様のシーンで流れる『敵との対峙』を彷彿させるが、機神との戦いを描いている性質上、そちらはどこか理知的で冷徹な雰囲気を纏っているなかで、この曲はより勇ましく、より純粋に夢に向かって突き進む様子が窺える。

いつ聴いても何度聴いてもかっこいい曲ですね。レアブレイドもぜんぶ同調して一通り育ててユニークもぜんぶ倒して、今のところスイッチで一番やり込んだゲームです。さて、ACE+が作曲した前作の『敵との対峙』も合わせてどうぞ。

www.youtube.com