VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を適当に紹介します。

#166 『堕ちた楽園』(林茂樹/エクシズ・フォルス/PSP)

www.youtube.com

スティングが開発し、アトラスが発売したオーソドックスなファンタジーRPG

エクシズ・フォルスより、林茂樹作曲、『堕ちた楽園』。死滅都市アルテアの曲。

リヴィエラをはじめとするDept. Heaven Episodesシリーズで知られるスティングの完全新作として、アトラスの名を借りて発売された本作。昼と夜、光と闇に隔たれたベルジュと呼ばれる世界で、二人の主人公が織り成す二つの物語が特徴である。プレイヤーはセシリア編とレーヴァント編のうち一つを最初に選択するが、やがて二つの物語は一つに収束し、そこからさらに分岐する結末は、世界を救うも壊すもプレイヤーの行動次第となる。

本作の音楽を担当するのはスティング所属の林茂樹氏。氏はD.H.Eシリーズを筆頭に多くのスティング作品を担当してきて、スティングサウンドを語るうえで欠かせない作曲家である。本作では光と闇というコンセプトに基づいて、二人の主人公のそれぞれのバックグラウンドを反映するような、明暗を意識したファンタジックな曲調が多い。

セシリア編、レーヴァント編どちらを選んでも訪れることになる死滅都市アルテアは、不幸な事故により退廃してしまった理術都市である。理術とは本作における科学のようなもので、かつて先進都市であったこの地で流れるこの曲は、栄枯盛衰の理を色濃く表現している。終末的な悲しみを帯びたピアノの静謐な音色と、死してなお優雅さを忘れないストリングスの情熱的な音色が重なり合って、堕落した廃墟に息づくかすかな生命の息吹を感じさせる。

廃墟とピアノは相性抜群ですね。荒寥とした空気感がたまらないです。