VGM格納庫

Video-Game Music Registry:好きなゲーム音楽を一日一曲を目安に紹介します。

#418 『Devil May Sly』(福田淳/GOD HAND/PS2)

www.youtube.com

クローバースタジオが手がけるゴッドアクション・GOD HANDより、

福田淳作曲、『Devil May Sly』。アゼル戦で流れます。

神にも等しい力を右手に宿したゴッドハンド使いが、その力を我が物にしようと襲い掛かってくる悪魔を相手に激しい乱闘を繰り広げる本作。硬派そうな見た目に反して、蓋を開けるとパロディだらけでギャグ満載、ブラックジョークの温床となっていて、PS2屈指のバカゲーとして知られている。ステージクリア型の3D格闘アクションとして難易度が非常に高く、慣れれば爽快感抜群だが、油断したら即死という極端さがまた魅力である。

本作の音楽を担当するのは高田雅史氏と福田淳氏。いずれも当時グラスホッパー・マニュファクチュアに所属していた作曲家たちである。GHMがクローバースタジオの作品に携わるのは本作が最初で最後だが、クローバースタジオの後身にあたるプラチナゲームズでは引き続き時折GHMがサウンドを担うことになる。本作ではアクの強いゲーム性にあわせてシャープでエレクトリックなサウンドが揃っていて、特に昭和臭さ漂うエンディングソング『俺の右手はゴッドハンド』は未だに語り草になっている。楽曲の多くは高田氏の作曲だが、一部の作曲およびボーカルは福田氏が務めている。

アゼル、通称デビルハンドと呼ばれるこの男は、主人公ジーンとは対となる左手にゴッドハンドを宿した悪魔四天王の一人である。その彼との1回目の戦闘で流れるこの曲は、がなり立てるような轟音のエレキギターがとても心地良いハードなロックナンバーである。2回目の戦闘では同じフレーズを基にした『Duel Storm』が用いられるが、ダウナー系の妖しげな雰囲気のそちらと比べて、この曲はストレートに疾走感あふれるクールでスタイリッシュな仕上がりとなっている。曲名にも遊び心を怠らない徹底ぶりはあっぱれである。

『Duel Storm』、あわせてどうぞ。『俺の右手はゴッドハンド』もせっかくの機会ですので聴いていきましょう。

www.youtube.com

www.youtube.com